3つの月経周期に応じたお肌の変化とスキンケア法とは?

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



あなたは、お肌が毎日一定のコンディションではなく、月経周期の中で微妙に変化することをご存知ですか?



その理由は月経周期により増えたり減ったりする“女性ホルモン”の影響があるからです。



月経周期によりお肌のコンディションが変わるという事は、その時期その時期に応じたスキンケアの方法があるということ。



月経周期は大きく“3つ”に分かれます。



まずは一つ目として、「月経後〜排卵前」である“卵胞期”。



この時期は美のホルモンである“エストロゲン”が最も多く分泌される時期です。



なので、水分・油分ともにバランスが良く、血流も良いので酸素や栄養素がお肌の隅々にまで行き渡ります。



また、エストロゲンの影響でコラーゲンがたくさん作られるので、お肌の弾力や潤いやモチモチ感や1番出やすく、まさに絶好調の時期です。



ポイントとしては、



“通常通りのスキンケアをして下さい”



ということです。



調子の良い時は自分の“体の内側”からキレイになろうと細胞がいっぱい働いてるので、それを無理に邪魔しないこと。



つまり“いつも通りのケア”で十分ということになります。



次に二つ目として、「排卵後〜月経前」である“黄体期”。



この時期は母のホルモンである“プロゲステロン”が多く分泌され、絶好調だった卵胞期とは対照的に絶不調の時期です。



例えば、プロゲステロンの影響で皮脂の分泌が過剰になりやすくニキビや吹き出物ができやすくなります。



また、水分を体内に溜め込むため、お顔のむくみも出やすくなります。



そのために化粧品などを使った際にピリッと刺激を感じる場合があります。



ポイントとしては、



“敏感肌対策を行いましょう”



ということです。



最後に三つ目として“月経期”。



この時期は受精しなかった卵子を血液とともに体外に排出するために体内浄化を行なっている時期です。



卵子を育てる必要も、子宮内膜を厚くする必要もないために、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が一時休止されてる状態です。



なのでこの時期は水分・油分ともに少なく肌荒れや痒みがでやすく、月経周期の中では一番コンディションが悪くなる時期です。



ポイントとして、



「乾燥肌対策をしましょう!」



ということです。



要は一番お肌の潤いがなくなる時期なのでしっかり保湿してあげてください。



さぁ、いかがでしたでしょうか?



普段はあんまり自分の月経周期を意識することはないでしょうから、ここまでデリケートに対策されてる方も少ないと思います。



ただ、この3つの時期に応じたスキンケアをすることが“美肌”への近道です。



一つ、化粧品を使用する際にオススメしたいのは、



月経期は乾燥しやすいので“オイルタイプ”、黄体期は皮脂が活発になるので“ジェルタイプ”、卵胞期はお肌が安定してるので


“どちらでも可”



ということです。



あなたも月経周期に応じたスキンケアをすることで、いつまでキレイに若々しく過ごしましょう!

関連記事

  1. リラクゼーションサロン西宮
PAGE TOP