10月は骨盤が歪みやすいので、ギックリ腰には要注意!

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



10月に入り秋の過ごしやすい時期になってきましたね。



子供を毎朝保育園まで送っていくのが僕の日課ですが、その道中のキンモクセイの香りが何とも言えず心地良く「仕事サボって、ずっとここにいたい」と思ってしまう今日この頃です。



さぁ、そんなわけで10月に気を付けたいカラダの悩みと言えば「疲労」です。



毎日お仕事や家事育児で奮闘しておられる方は当然お疲れであるとは思いますが、



10月は特に寒暖差で自律神経が乱れやすく、疲れやダルさが溜まり体調を崩しやすい時期でもあります。



今年の夏は例年に比べ特に暑く、じっとしているだけでも汗が止まりませんでした。



残暑も終わり10月に入りましたが、頭では秋だと理解していても、カラダはまだまだ夏の延長ぐらいの感覚でいます。



日中は確かに、まだまだ半袖でも大丈夫かなと言う日もあります。



しかし、朝に限って言えばタオルケット一枚じゃ物足りず、思わず寒さで目が覚めるなんてこともありますよね。



その温度差を感じ取ったカラダは脳に対して、



「暑い」

「寒い」

「暑い」

「寒い」



という信号をその時の肌感覚に合わせて送り続けます。



脳は自律神経の司令塔なので、その時々の状況によって、



「今は寒いから交感神経を働かせて、血管を収縮させて体温を守ろう」



または、



「今は暑いから副交感神経を働かせて、血管を拡張させて汗をいっぱい出そう」



と判断しているわけですが、



常に「暑い」または「寒い」という信号が交互に入ってくると混乱して、体温調節機能が上手く働かなくなってしまいます。



その結果、自律神経が乱れて「疲労」が溜まりやすくなるわけです。



そして、この時期に要注意なのが「ギックリ腰」。



ギックリ腰は何かの下の物を取ろうとしたり、洗面所で前かがみになった際に拍子に起こることが多く、



そのあまりにも衝撃的な痛みからアメリカではその急激な痛みから「魔女のひとつき」とも言われています。



しかし、そもそもの原因を探ってみると、必ずその土台には、疲労の蓄積やコンディション不足による



「筋肉の緊張」



つまり、



「筋疲労」



という下地があります。



それはその人の仕事の環境、カラダの癖、睡眠、体質などの様々な要素がありますが、



この時期は寒暖差による筋肉の緊張が出やすいためにギックリ腰になりやすい人が多くいます。



そして一度ギックリ腰なってしまうと、炎症物質が溢れ出ているために、基本的に安静にすることしか対処できません。



もちろん、その炎症物質を早く引かせ早期に回復させる事は出来ますが、それでも最低2日程は炎症は続きます。



こうなると、もはや大事なのが「予防」です。



予防に優る治療はありません。



そのためには、寒暖差が生まれないようにカラダを温めたり、適度な運動で筋肉の血流を良くしてあげたり、毎晩寝る前にストレッチをして筋肉を柔らかくしてあげるなどのケアなどがあります。



しかし、寒暖差による自律神経の乱れに対して効果的なのが、



「骨盤の歪みを整える」



ことです。



自律神経が乱れると筋肉が緊張して骨盤が歪みやすくなります。



逆に言うと、骨盤の歪みを整えておくことで自律神経が安定して、疲労も溜まりにくくなり毎日絶好のコンディションで過ごせるお体になります。



あなたも、10月はギックリ腰になりやすいという事はないですか?



そんな時は是非、骨盤の歪みを整えて日々の体調管理に努めて下さいね!

関連記事

PAGE TOP