骨盤のゆがみが気になるあなたへ。カラダにこんな症状が出ていませんか?

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



骨盤がゆがむとカラダに様々な不調が起きます。



また、カラダだけでなくお肌やココロにも悪い影響があります。



しかし、骨盤のゆがみでいきなりお肌やココロに不調がでることは少なく、必ず“カラダの症状”を経てお肌やココロに繋がってきます。



つまり、骨盤のゆがみを感じるにはカラダの症状に注意する必要があります。



今日は骨盤がゆがむことによって出る“カラダの症状”にフォーカスしていきたいと思います。



まず1つ目として、骨盤がゆがむと分かりやすいのが“見た目”ですよね。



骨盤がゆがむことで、骨盤が後ろへ倒れるとそれに引っ張らるように背骨も後ろ倒れます。



するとそれ以上、体が後ろへ倒れないように顎を前上に突き出すように、頭と首が前へ行きます。



イメージできますか?



要は“猫背”という姿勢です。



2つ目は肩こり、腰痛。



これは骨盤がゆがむことによって起こる代表的な症状です。



「肩こりや腰痛がつらい=骨盤がゆがんでるから」



という関連は誰もがイメージしやすい部分ですよね。



それだけが原因とは言いませんが、大筋正解です。



特に骨盤がゆがみ、猫背になっている人の場合、上半身が前に傾いて頭の位置が横から見たカラダの中心より前に出ています。



この姿勢のまま約6キロある頭の重みを支えるために首や背中や腰の筋肉がずっと緊張しっぱなしの状態になり、これが元となって慢性的な肩こりや腰痛を作り上げます。



3つ目は、冷えやむくみ



骨盤がゆがむと2番目の理由のようにあちこち筋肉が緊張してしまうために、全身の血液やリンパの流れが悪くなり、むくみやすくなります。



また血流が悪くなると、全身の細胞に十分な酸素や栄養を送れなくなるため代謝が落ちて冷えやすくなります。



そして最後に4つ目。



骨盤がゆがむとお腹の中で臓器が垂れ下がってしまいます。



臓器が垂れ下がってしまうと俗に言う“ぽっこりお腹”のような形になるので、もちろん見た目としても良くないですが、



それ以上に垂れ下がった内臓がお腹の中で積み重なったり圧迫されるので、内臓の働きが弱まってしまいます。



その結果、便秘や生理痛、痔や便秘と言った不調が起きやすくなります。



この4つが、骨盤がゆがむことで出てくる“カラダ”の不調です。



これを放ったらかしにするから、女性ホルモンが乱れて肌荒れになったり、自律神経のバランスも崩れてイライラしやすくなったり不眠になったりと、カラダ以外の部分にも問題が出てきます。



是非あなたも、骨盤がゆがんでると感じてるならそのままにしないで、一度キッチリとリセットすることをオススメします。

関連記事

PAGE TOP