鏡に映って愕然とする自分の“老け姿”。その正体は姿勢の悪さです。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



街中を歩いてふと窓ガラスを見た時に、自分の“老け姿”にギョッとしたことはありませんか?



その老けた印象に映る一番の原因は、



“姿勢の悪さ”



にあります。



つまり、猫背です。



普段からデスクワークをしていたり、家事育児などで長時間下を向いていると背骨が丸くなり“猫背”になります。



猫背の原因はデスクワークや家事育児などの長時間前屈みで過ごすことが大半を占めます。



前屈みでいると胸の前側の筋肉である「大胸筋」や「小胸筋」と言った筋肉が縮こまります。



この「大胸筋」や「小胸筋」という筋肉は呼吸をする際に肋骨を引き上げて、胸郭を大きく拡げる働きがあります。



そして胸郭が大きく拡げることで、新鮮な空気を吸い込むことができます。



一度、胸に手を当てて大きく深呼吸してみて下さい。



実際に肋骨が上がり、胸が大きく開くのが分かるかと思います。



逆に、いつもデスクワークで猫背になっている人は常に前屈みでいるために、大胸筋や小胸筋がガチガチに固まっています。



胸の前側の筋肉がガチガチに固まるということは、それだけ胸を大きく拡げることが出来ない。



つまり呼吸が浅くなり、新鮮な空気を体内に取り入れることが難しくなります。



私達は常に「新陳代謝」を行なって生命活動をしています。



その要となるのが、呼吸による酸素の摂取です。



生命活動である新陳代謝を行うには酸素が必要です。



その酸素は体内で作ることが出来ず、必ず外から取り入れる必要があり、



そしてただ取り入れれば言い訳ではなく、どれだけ多くの酸素を吸い込めるかということも大切です。



この時、姿勢がキレイな人は胸の前側の筋肉の緊張がないために、胸郭がしっかりと開き、たくさんの酸素を吸い込むことができます。



しかし、猫背の人は胸の前側の筋肉が縮こまっているために、呼吸が浅く十分な酸素を取り入れりことが出来ません。



すると、身体の隅々まで十分な酸素や栄養素を送り届けることが出来ないために細胞が酸欠状態となり新陳代謝が低下します。



その結果、全身の代謝が落ちてカラダの瑞々しさや肌の弾力が落ちてしまうために、シワ・たるみ・くすみなどお肌の問題が出現し、



また、筋肉の質も低下するため猫背が悪化することでカラダのラインが乱れてタレ尻・でっ尻・ポッコリお腹などスタイルにも悪影響が出てきます。



そして、代謝が悪いということは生産され熱が少なくなるという事なので、カラダが冷えやすくなるために、腰痛・肩こり・頭痛・むくみ・生理痛、、、



など、女性特有のプチ不調などの原因にもなります。



それぐらい、姿勢の悪さや猫背などは見た目の若さに与える問題だけでなく、



カラダの内側のアンチエイジングという観点からもマイナスだらけです。



あなたも街中で歩いている時に映る自分の姿に愕然としたことないですか?



そんな時は姿勢を正して、酸素をたくさん吸い込むことで、カラダの内側からも変えていきましょう!



是非、日頃から良い姿勢を意識してみて下さいね!

関連記事

PAGE TOP