足先がキンキンに冷える人は、筋肉を鍛えよう!ではなく、動かそう?

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



冬になると多くの女性を困らせるNo.1の悩みと言えば冷え性ですよね。



冷え性といっても、お腹や腰や手と色々な場所に現れますが、一番多いのが「足先」です。



カラダの中でも特に足先が冷える理由としては、



「冷えは足元から」と言われるように、自然現象の一つとして、温かい空気は上へ行き冷たい空気は下へ落ちるからです。



特に女性に多いのですが、自宅や職場などで暖房は凄く効かせているはずなのに、足はキンキンに冷えて反対に頭はやたらのぼせてぼーっとするという方がいます。



これは“冷えのぼせ”といって、「温かい空気は上へ」「冷たい空気は下へ」という自然の摂理がカラダに反映された結果です。



また、もう一つの理由として、「血の巡り」があります。



現在ではIT化が進み、ほぼ一日中椅子に座っていることが多くなりました。



また機械化という意味では、一日中立ちっぱなしでベルトコンベアーから運ばれて来る部品や組み立てたり、物資を梱包したりという作業も増えました。



これによって、カラダを動かすことが極端に少なくなったために足の筋肉を使うことが無くなり血の巡りが悪くなりました。



なぜ、血の巡りが悪くなるとカラダが冷えるのでしょうか?



これは血液の働きの一つとして、「体温調節機能」があるからです。



私達の細胞は常に代謝を繰り返し熱を生み出して生命活動を営んでいます。



しかし、ただ細胞から熱が発生しただけでは何の意味が無く、その熱を全身に運びカラダ全体を温める必要があります。



そしてその熱を血液として全身に運んでいるのが筋肉です。



血液の通り道である血管は主に筋肉の中を走っており、日常生活動作の中で筋肉をよく使うほど筋肉のポンプ作用で血液が全身に運ばれます。



実際に昔の人であまり「冷え」を感じる人がいなかったのは、まさにカラダをよく動かしていたことで筋肉がよく使えていたからなんですね。



まぁ、今の便利な世の中に慣れてしまった私達からしたら、それでも今の方がイイという話にもなりますが、、、



しかし、カラダの活動量が昔と比べて格段に落ちたのは事実。



つまり、冷え性予防には、



「筋肉を使いましょう」



ということになります。



ここで勘違いして欲しくないのは、



「筋肉を鍛えましょう」



ではないと言うこと。



もちろん、それでもいいんです。



しかし、今ここで重要なのは筋肉を鍛えることではなく、動かすことで「血の巡り」を良くするのが目的。



だから鍛えなくても、しっかり動かせればオッケー。



そのためにオススメなのが、とてもシンプルな「ウォーキング」です。



上記でも説明したように冷えが一番出やすいのが「足先」です。



この足先の血流を改善するには、その一番近くにある筋肉である「ふくらはき」を動かすのが効率的であります。



そして日常生活で必ず毎日していること、それが「歩く」ということ。



これを冷え性対策の一環として日常生活の中に意識して取り入れてみましょう。



ポイントは歩く時にしっかり地面を「蹴る」ということ。



地面を「蹴る」ことでふくらはぎの筋肉をしっかり収縮させることができポンプ作用が働きます。



時間にして15分ぐらい続けると足全体に血液が回り出して足先がポカポカしてくるのが分かると思います。



現代は特にカラダを動かす機会が少なくなり、男性女性関わらず冷えを感じる人が多くなりました。



「冷えは万病の元」と言われるぐらい腰痛や肩コリや生理痛などを始め数々の不調の原因になります。



是非あなたも、カラダを動かし筋肉をしっかり使うことで冷えを予防にして下さいね!

関連記事

PAGE TOP