足のむくみやセルライトが気になる人は「靴の裏側」を見てみましょう!

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



「足がいつもむくんでいる、、、」


「太ももについた無駄なお肉が中々取れない、、、」


「下半身が太く見えて嫌だ、、、」



あなたもこのようなお悩みは有りませんか?



足が太くなる原因はいくつかあります。



・運動不足

・筋力の低下

・冷え

・骨盤の歪み

・食生活、、、etc



これらの原因があると血流が悪くなり、むくみや老廃物が溜まりセルライトが沈着してしまいます。



そして、上記の理由とは別に足が太くなる意外な原因があります。



それが、“歩き方の悪さ”です。



一度ご自身の靴の裏側を見てみて下さい。歩き方によって靴の裏側のすり減り方が違ってきます。



また、靴の裏側を見ることであなが負担からどういう歩き方をしているのか?というカラダの癖まで知ることができます。



脚がむくみやすく、またセルライトが沈着しやすい人の特徴として、



「靴の外側がすり減りやすい」



という癖があります。



これは、歩くときに重心が小指側にかかっているので、太ももやふくらはぎの筋力を効率よく使えていません。



歩き方がキレイな人や、むくみにくい人の歩き方は、踵から着地して、そのまま脚の親指で地面を力強く蹴り出せています。



この時の脚にかかる体重のかけ方としては、「外側重心」でなく、「内側重心」になっています。



つまり、「踵→小指」に体重をかけるのではなく、「踵→親指」に体重をかけています。



ではなぜ、「踵から親指」の順で歩くのがいいのでしょうか?



それは、「筋肉を使う歩き方」だからです。



あなたも、一度試しに「踵→小指」の順で歩いてみて下さい。



どうですか?すごくぎこちない歩き方になりませんか?



この歩き方だと、体重が外側(小指側)に逃げてしまっているために、筋肉がしっかり使えず、尚且つ、足首の曲げ伸ばしも不完全です。



反対に、「踵→親指」の順で歩いてみるとどうでしょうか?



しっかり地面を蹴り出せる感じがしないですか?



実際にこっちの方が強く地面を蹴り出せています。



地面を強く蹴りだすということは、それだけ筋力が必要ということであり、筋力が必要ということは、筋肉がしっかり使える歩き方をしなければいけないということ。



それが、「踵→親指」であり「内側重心」ということです。



ちなみに、腰痛や肩こりや猫背の人の骨盤をチェックしてみると多くの人に



「骨盤が開いている」



という傾向がみられます。



これ、「外側重心」になっているからなんです。



つまりは、歩く時に「踵→小指」の順で歩いているために、重心が外側にかかり骨盤が開いてしまうからです。



骨盤が開くと、カラダのバランスが悪くなるためにそれを補正しようとカラダに無駄な力が入り筋肉が緊張してしまいます。



その結果、腰痛や肩こりなどの原因となってしまいます。



逆に、「踵→親指」で歩けている人は重心が内側に入っているために骨盤がキッチリと閉じており背骨の並びも自然で、首や腰などにも負担のかからないキレイな姿勢で過ごすことができます。



それぐらい歩き方は大事ということであり、その指標として「靴のすり減り方」をチェックするのが自分で歩き方の癖を見抜くのに最適な方法です。



もし、足むくみやセルライトが気になるようであれば、一度自分の歩き方や靴のすり減り方をチェックしてみて下さいね!

関連記事

PAGE TOP