腰痛や肩こりの改善やアンチエイジングに効果的な「ビタミンE」

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



腰痛・肩凝り・頭痛・疲労感や倦怠感、、、



これらの症状は筋肉のコリによる“血流の悪さ”からきています。



例えば、長時間デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けていると、その不自然な姿勢を支えるために、骨盤や背骨を支える筋肉に過度な負担がかかります。



筋肉の中には血管が走っており、血管の中を流れる酸素や栄養によって筋肉は活動しています。



また、血液は酸素や栄養を運ぶばかりではなく、日常生活動作により生じた老廃物も回収しています。



つまり、筋肉は血流によって酸素や栄養を受け取り、老廃物を回収してもらうといった作業を血液の流れによって行なっています。



この時に、デスクワークや家事育児による肉体的疲労や寝不足、過度な緊張やストレスによる精神的疲労が蓄積された状態だと、




リラックスできなくなり、必要以上にカラダ全体に力が入ってしまいます。



この時に起こりやすいのが、“血流不足”です。



凝り固まった筋肉が血液の流れを阻害してしまうので、全身の筋肉に行き渡る酸素や栄養素が不足します。



また老廃物も回収されなくなるので、カラダは慢性的な疲労状態となってしまいます。



この時にお役に立つ栄養素が、「ビタミンE」です。



ビタミンEは別名“若返りビタミン”とも言われ、その名の通り“アンチエイジング”に効果があります。



では何故、ビタミンEがアンチエイジングに効果があるのか?



それは老化の原因である“活性酸素”の増加を防ぎ、細胞の酸化を防いでくれるからです。



“酸化”と言われてもあまりピンと来ないですよね。



要は“サビ”です。金属のサビと同じです。



あのサビも酸化によって起こる現象の1つで、ピッカピカの10円玉でも年月が経つとその分空気中の酸素や人の手の油分に触れる機会が長くなり、あっという間に錆びてしまいます。




人間の体の中でも同じことが起きています。



不規則な生活習慣やストレスやがあると血流が悪くなり活性酸素が増えて老化が進行してしまいます。



そして、この活性酸素によって攻撃されやすい場所が“血管”です。



よく「血管年齢」なんて言葉を聞きますよね。



あれは、活性酸素によってどれたけ血管がダメージを受けているか?というものを見たものです。



活性酸素により血管が錆びてしまうと血管に弾力性がなくなり血液の流れが悪くなるために老化が進み、カラダの不調が出やすくなります。



その結果、腰痛、肩凝り、頭痛、倦怠感や疲労感、、、、



などの筋肉由来の症状も悪化の一途を辿ってしまいます。



その活性酸素から身を守り、血流の改善を促してくれるのがビタミンEという栄養素になります。



また、ビタミンEは活性酸素の働きを抑えて、血流を改善して錆びにくいカラダを作るだけでなく、血流不足を改善する働きで冷え性などにも効果があり、



生殖機能を保護することから女性ホルモンのバランスを保つの働きがあるために生理痛や生理不順や不妊の改善にも効果があります。



これは不調が気になる女性だけでなく、生涯を通じてキレイを保ちたい女性にとって欠かせない栄養素です。



ちなみに、ビタミンEはパプリカ(赤)やアーモンド、うなぎの蒲焼などに多く含まれています。



あなたも、今のうちから不調の改善は勿論のことアンチエイジングのためにもビタミンEを日頃から取るように心掛けてみて下さいね!

関連記事

PAGE TOP