“腰痛”や“肩こり”の原因である「骨盤の歪み」を防ぐにはバックの持ち方にも注意しましょう!

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



慢性的な肩こりや腰痛を抱えている多くの人に「骨盤の歪み」があります。



骨盤が歪むと筋肉が硬くなり血流が悪くなるために疲労物質が蓄積されて腰痛や肩こりの原因になります。



しかし、骨盤の歪みは無意識にとってしまうカラダの癖による影響が大きいために、意外とその癖は自分では気付きにくいもの。



例えば、



・体重の掛け方

・足を組む癖

・長時間の同一姿勢

・歩き方

・座り方



など、人が無意識にしてしまう癖はたくさんありますが、動作や姿勢などの癖の影響で同じ筋肉に負担がかかり、その結果として背骨や骨盤などの骨格が歪みます。



そして、無意義にしてしまう動作の一つに「バックの持ち方」がります。



あなたは、当たり前のように毎日使っているバックが、持ち方次第で歪みの原因になることを知っていましか?



たかだかバックごときで、そんなはずは無いと思いますよね。



でも毎日使っているバックだからこそ、そこには「無意識」が潜んでいます。



あなたも、



「バックはいつも同じ側に持っていて、反対で持つと凄く違和感があり、どう肩にかけていいか分からない」



そう感じることないですか?



もしこの感覚が当てはまったならそれはすでにカラダが歪んでいる証拠。



これを改善していくには、毎日ちょっとでも意識して少しずつ反対で持つことに慣らしていくことが大切です。



今日はその癖を直すために簡単にできる3つのアドバイスをお伝えします。



1.背筋を伸ばして左右の手で交互に持つ

これは当然と言えば当然ですが、片方の手だけで持たず小まめに左右交互に持ち替えましょうということです。

しかしこの時に、慣れてないが故についつい力が入り持ち慣れていない方の肩が上がってしまわないように気をつけましょう。



2.カバンの種類を使い分ける

毎日手提げばかり、ショルダーばかりになっていないですか?

同じ物ばかりを使っていると同じ癖が付くため歪みの原因になってしまいます。

バックを使い分ける時はデザインだけでなく、手提げ、ショルダー、リュクなどのタイプも取り入れてみましょう。



3.2つ以上持つ時はバランスを考えて

買い物などでたくさん袋がある時、こっちの方が楽だからと片手でまとめて持っていないですか?

片方だけで重い物を持つと当然重心のラインが偏り、そのバランスを取るためにカラダが傾き歪みの原因になります。

左右で同じ重さになるように重さのバランスをとりましょう。



さて、いかがでしたか?



私は普段から気をつけているから大丈夫と思いつつも結構無意識にしてしまっている癖はなかったですか?



でも、歪みが出る原因はそんな些細なことなんです。



特に当院に来られる患者様は、腰痛や肩コリや疲労感などの不調を抱えてご来院されます。



その時に、皆さん歪み自体は自覚されてますが、ご自身で分かる範囲での歪みの原因をお聞きするとほとんどの方が、



「ん〜、分かりません」



と仰います。



そりゃそうですよね。だって無意識だから。



でも、それが「歪み」ということです。



分かってるということは意識出来ているということなので自分で気付けます。



でもその「意識」が及ばない「無意識」だからこそ「癖」となるわけです。



そのために今日は比較的簡単に意識しやすいバックの持ち方についてお伝えしました。



是非、あなたも今日から実践してみて歪みをつくらないためにカラダを慣らしていって下さいね。



また、



「腰痛や肩こりがあるけど原因が分からない」

「歪みを整えたいけど、自分の歪みがわからない」

「自分のカラダがどういう歪み方をしているのか知りたい」



という場合は、お気軽にみちい整体院までご相談下さい。

関連記事

PAGE TOP