背骨のゆがみが腰痛や肩こりに良くない理由とは?脊柱アライメントの話。

こんにちは。


兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。


前回、なぜインナーマッスルにアプローチをする必要があるのか?と言う記事を書きました。


慢性的な肩こりや腰痛の施術をする上で、表層にあるアウターマッスルをマッサージするだけでは、その場しのぎにしかならず、


その深層にある姿勢筋(インナーマッスル)にしっかりアプローチする必要があります。


という、簡単に言うとそんな内容です。


そのインナーマッスルへのアプローチと、当院ではもう1つ重要視している部分があります。


それが、


“脊柱アライメント”


というやつです。


あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、アライメントという言葉はご存知ですか?


簡単に言うとアライメントとは“並び”や“配列”という意味があります。


つまり、脊柱アライメントとは、背骨の並びのことを言います。


人間の背骨は、


頚椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙椎1個、尾骨1個


のブロック状の骨から構成されており、一本の棒のように見えますが、それぞれが一個ずつ積み木のように連なって、一本の背骨になります。


また一本とは言っても、本当に棒のように一本なわけではなく、


重力の影響で腰や背中や首に負担がかからないように、真横からみると緩やかなS字カーブになっています。


このS字カーブがあるからこそ、重力の影響を受けることなく、首や腰にかかる負担を分散させています。


逆に長時間のデスクワークや育児や家事、また同じ作業の繰り返しによって、姿勢が悪くなったり、骨格に無理な負担がかかると、脊柱アライメントが乱れ、


それを支えるためのインナーマッスル(姿勢筋)に負担がかかるため、腰痛や肩こりを引き起こします。


つまり腰痛や肩こりを根本的に改善させるのであれば、インナーマッスルだけでなく、脊柱アライメントも整える必要があるわけです。


また、脊柱アライメントがキレイに整うと肩こりや腰痛の改善に繋がるだけでなく、


「姿勢がキレイ」という、見た目の部分も劇的に変わります。


よく、建築の世界では「形は機能に従う」と言いますが、人間の身体にも同じ事が言えます。


慢性的な肩こりや腰痛の原因の9割は、日常の中での姿勢の悪さに問題があります。


その改善にはインナーマッスルへのアプローチと脊柱アライメントの調整が一番の近道です。


慢性的な肩こりや腰痛でお困りのあなた。


猫背になってませんか?また、身体が左右どちらかに傾いてないですか?バックをいつも同じ手で持ってないですか?


是非一度、自分の癖を見直してアライメントが乱れてないように意識してカラダを使って下さいね!

関連記事

PAGE TOP