肩こり・腰痛や骨盤の歪みを放置すると風邪の原因になるのでご注意を。

こんにちわ。

兵庫県尼崎市の整体・リラクゼーション。みちい整体院の道井雄です。


もうすぐでお彼岸も迎え、ようやく穏やかで過ごしやすくなってきましたね。


暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもんです。


ところで皆さん、今年は夏風邪を引かれませんでしたか?


夏風邪は、夏に風邪?というような感じでピンとこないので、割と軽視されがちですが、


その軽視されがちな点から冬風邪より長引きやすく、また症状が穏やかなので、夏風邪と気付きにくく、


何となく身体が重だるいなどの症状から、夏バテと勘違いしてしまうこともあります。


当院でも先日久々に来院された患者様が、


「8月はずっと夏風邪でダウンしてた」


と仰ってました。


1ヶ月丸々ダウンするなんてよっぽどですよね。


そんな夏風邪ですが、原因としてはもちろん風邪なのでウイルスが関係しています。


しかし、当たり前ですが身体の免疫力が正常であれば通常かかる事はありません。


夏風邪を引く条件として、よくあるのが夏バテです。


夏バテになると食欲不振になり、水分しか身体が受け付けず免疫力が段々弱まります。


また、夏は高温多湿な環境のため疲れが溜まりやすく、自律神経が乱れる原因となります。


すると夜寝ても、夏特有の高温多湿によりなかなか寝付けず、翌朝になっても疲れが抜けきらない状態になります。


またいろんな定義がありますが、疲れとは、筋肉が疲労して筋緊張が起きてる状態でもあります。


カラダの疲労が抜け切らず、筋緊張がずっと続くと、筋緊張からくる疲労感がストレス信号として脳に伝わります。


その疲労ストレスを感じた脳は、


「カラダがが何者かに攻撃されている」


と勘違いをして、


交感神経を興奮させることで、筋肉をさらに緊張させカラダを守ろうとします。


この筋肉の緊張がさらに疲労感になりさらに交感神経が高ぶり、さらに疲れて免疫力も下がり、、、、、


そりゃ夏でも風邪ひきますよね。


これだけのストレッサーと日々奮闘してるわけですから。


逆に、夏の方が風邪ひきやすいんじゃないかと思えるほどです。


ただ、なぜ身体が疲れやすくなるか?コンデションが悪くなるか?と言えば、


やはり、普段の身体の使い方の癖から姿勢の悪さや、骨盤のゆがみが影響します。


例えば、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると、背骨や骨盤などの骨格にゆがみが生じ、


それ(姿勢)を支える周りの筋肉が緊張してコリ(筋疲労)になります。


そしてコリがさらにケアをされないまま放置されると腰痛や肩こりなどの症状に繋がり、その症状がストレッサーとして脳に「ストレス」として伝わります。


つまり、


“免疫力の低下=疲労の蓄積”


と言い換えることができます。


風邪といっても急に発症するわけでなく、それまでにそれ相応の負担が身体にかかり続けてます。


皆さんは、普段から身体のケアしてますか?


肩こり・腰痛や骨盤の歪みは体調を崩す原因にもなります。


体調崩す前に、しっかり普段から自分がどういう生活を送ってるか?どれぐらい疲れが溜まる生活を送っているか?という部分も一度見直して下さいね。


そして、暑さも穏やかになるこの9月。



暑さと肌寒さがが交互に訪れ、体調を崩しやすい時期なので健康管理にはくれぐれも注意してお過ごし下さいね!

関連記事

PAGE TOP