肩こりに効くサプリメントのご紹介。ただ、こればかりに頼るのはちょっと違うよといった話。

こんにちは。

兵庫県尼崎市の整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院です。



「肩こり」は長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたことによる筋肉の血流不足です。



筋肉が硬くなると、血流が悪くなるために酸素や栄養が送れなくなります。



それどころか、その場所に疲労物質が蓄積されるために神経を刺激して不快な痛み引き起こします。



つまり肩こりの改善には滞った筋肉の血流を正常に戻してあげる必要があります。



もちろん、筋肉の血流を良くするには、ガチガチになった筋肉をポイントを絞ってマッサージするのが一番効果が高く筋肉もほぐれやすいですが、



そんな時間が無いというあなたのために今日は肩こりに効くサプリメントを3つご紹介します。



1.EPA(エイコサペンタエン酸)

これは人間が体内では合成ができない脂肪酸の一種です。

よくイワシ・鯖・アジなどの青魚などに含まれており血液をサラサラにする働きがあります。

イヌイットの人たちがアザラシの肉ばっかり食べてるのに病気にならず健康なのは、アザラシが青魚を主食としており、アザラシの肉を食べることで、アザラシ経由でEPAを自然と補っているからだと言われています。



2.ケルセチン

ケルセチンとは玉ねぎやブロッコリーやリンゴなどに含まれるポリフェノールの一種です。

また、この栄養素は筋肉の血流を良くするにはだでなく、

・血液サラサラ

・ダイエットサポート

・エイジングケア

・生活習慣病を予防

・コレステロール値低減

など、女性に嬉しい効果ばかりです。



3.クエン酸

クエン酸は溜まった疲労物質を効率的に分解する働きがあります。

そして分解して出た疲労物質のゴミカスを再び燃料にする賢い栄養素なのでクエン酸に関しては日々疲れや不調を感じている大人女子にはピッタリなサプリメントです。



以上、3つが滞った血液の流れをサラサラにするサプリメントになります。



実際にはもっとたくさんのサプリメントがあるので今回ご紹介した3つのサプリメントに縛られる必要はありません。



自分で飲んで、



「これ飲んだら何だか体調がいい」



というものがあれば、そっちの方が合ってるかもしれません。



ポイントとして覚えておいていただきたいのは、



「血液をサラサラにして血流をよくすること」



です。



なので、食事に関してもあまりコレステロールの多い肉類を食べると血液がドロドロになりやすいので注意しましょう。



ちなみに、今回ご紹介したサプリメントはあくまでも血の巡りが悪くなった肩こりの筋肉の血流を良くするために、血液をサラサラにするというのが目的です。



何が言いたいかと言うと、



「なぜ肩こりになったか?」



というとこから考えると、やはり長時間のデスクワークによる同一姿勢や猫背などによる、



「骨盤や背骨のゆがみ」



に原因があります。



本当に根本から肩こりを改善するのであれば、ガチガチになった筋肉のポイントをマッサージすることで、しっかりほぐし、そして最後に骨盤や背骨のゆがみを整えるアプローチが必要です。



冒頭に、



「そんな時間が無いあなたのために」



と言いましたが、やはりそれでもサプリメントはあくまでもその施術効果を高めるための「補助」とお考え下さい。



それだけ「肩こり」とはその人のカラダに深く根付いてる厄介者で、サプリメントを飲んだから治ったというぐらいの肩こりであれば、世の中こんなに肩こりで悩んでいる人なんていないですからね。



でも、やはり



「何を食べるか?何を食べないか?」



は健康を考える上で大切なポイントです。



あなたも是非肩こり対策にサプリメントを活用しで下さいね!

関連記事

PAGE TOP