秋は夏バテを回復させる時期でもあり、冬の寒さに備える時期でもあります。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



秋は、夏の暑さや湿気によってダメージを受けたカラダを回復させる時期であり、



東洋医学的にも秋は「未病千防(みびょうせんぼう)」と言い、涼しくて過ごしやすくカラダを養生するには一番最適な季節と言われています。



しかし、今年は猛暑により体力的にも精神的にも無理をした方も多く、その疲れを持ち越したまま秋になり、



本来なら冬に備えて免疫力を付けなければならないこの時期に一気に体調を崩してしまう方が多くいます。



また東洋医学では、秋は肺や気管支などの「呼吸器」が弱まるとされとおり、



時期的に冬に向けて空気が乾燥してくる10月の気候と相まって風邪をひきやすくなります。



そして秋の厄介なのはそれだけでなく、湿度の高い夏の名残から胃腸のトラブルも起きやすく下痢にかかりますくなります。



今回は、その予防として押さえておきたいポイントを3つ紹介します。



1.夏バテを引きずらない

夏の暑さや冷房負けで夏バテになった人は、ここでしっかり解消して秋に体力を落とさないようにする必要があります。

そのためには、運動が効果的。

カラダを動かすことで食欲増進や睡眠促進の効果がありカラダが疲れにくくなります。軽いジョギングやウォーキングで構わないので、涼しい時間に少しでもカラダを動かしてみましょう!



2.空気の乾燥に注意

秋の乾燥は冬に比べると大したことではありませんが、ちょっと前まで夏の湿度の高さが尋常じゃなかっただけに「落差」があります。

まだ加湿をするまでもないですが、こまめなうがいを心がけて、ちょっと喉がイガイガする場合には飴を舐めたりガムを噛むことで唾液の分泌を促し乾燥を防止しましょう。



3.胃腸を丈夫に

夏に冷たいものを摂りすぎると秋にそのしわ寄せが胃腸にやってきます。

また、胃腸には免疫の要であるリンパ節が多くあるために胃腸が疲れると免疫力も下がってしまいます。

カイロや湯たんぽでお腹を温めたり、生姜湯などで内側から胃腸を温めましょう。



以上が、秋に出てきやすい夏バテを予防するための3つの基本的な養生になります。



また、秋は夏バテを引きずった影響や寒暖差の影響により、筋肉の緊張や骨盤が歪みやすく、



腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、月経前症候群(PMS)、むくみ、肌荒れ、ニキビ、、、



などの女性特有のプチ不調が出やすい時期でもあります。



なので、骨盤の歪みを整えて自律神経のバランスを整えることでカラダや心をリラックスした状態にしてあげるのも体調を崩しやすいこの時期にはオススメです。



どれか一つだけ実践するだけでも十分に効果はありますので、夏の暑さによる疲労を持ち越さないためにも、寒くなりコンディションを崩しやすい冬のためにも今から出来ることをやっておきましょう!

関連記事

PAGE TOP