産後の骨盤の歪みを悪化させないためには「〇〇」を意識しましょう!

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



よく産後の骨盤矯正をご希望で来られるママさんから、



「産後、やたらと体重が増えた、、、」

「足がに脂肪がつきやすくなった、、、」

「出産してから体重が戻らない、、、」

「ジーパンが入らなくなった、、、」

「お尻が垂れてきた、、、」



などという悩みをお聞きします。



これはもちろん出産をしたことによる、「骨盤の歪み」が関係しています。



出産をして骨盤が歪むと、それをカバーするために腰やお尻の筋肉が緊張し血管が圧迫されるために脚への血流が悪くなります。



血流が悪くなると、新鮮な血液がとどきにくくなるために老廃物が溜まり、ながてそれがむくみになったり脂肪に置き換わるために、



ジーパンが入らなかったり、垂れ尻になったり、痩せにくい体質の原因となってくるわけです。



これだけでも産後ママにとっては大きな悩みのタネになってくるわけですが、



実は日常生活においてそんな産後の骨盤の歪みをさらに助長させてしまう厄介な問題があります。



それは「姿勢」です。



背骨と骨盤は繋がっているために、出産で骨盤が歪むと、その上に積み木のようにブロック状に乗っかっている背骨も歪み姿勢が不安定になります。



つまり、「猫背」になってしまいます。



そして、猫背になると姿勢の安定性が悪くなるために、さらに骨盤が開いてしまいます。



街中などで姿勢が悪い人のフォルムを全体的に眺めてみてください。



だいたいが「ガニ股」、言い換えると、「O脚」になっています。



これは姿勢が悪く骨盤が開いてしまったことで、脚の向きも外側に開いてしまうからです。



そして姿勢が悪くなり骨盤が開くと、さらに脚に向かう血流が悪くなるために、老廃物が蓄積されてむくみやセルライト、冷え性、体重増加、垂れ尻、代謝の低下、、、、



などの原因となってしまいます。



また、姿勢が悪くなると背骨を支える上半身の筋肉が全体的に硬く緊張してしまうために全身に疲労物質が溜まり、



腰痛、肩こり、頭痛、疲れ・だるさ、倦怠感などの症状を引き起こすだけでなく、



生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)、不妊、肌荒れ、ニキビ、、、



など、女性特有のトラブルの元にもなります。



産後の骨盤の歪みからくる姿勢の悪さを放置していると見た目の悪さだけでなく、カラダの様々な不調の原因となってしまいます。



これらの産後の骨盤の歪みを悪化させないためには、まず産後すぐに骨盤ベルトを締めてある程度骨盤を安定させた状態で、



2〜3ヶ月ぐらいあたりから整体や骨盤矯正などで骨盤のケアを受けることをオススメしています。



しかし、それだけでなく「良い姿勢」というものを日頃から意識して骨盤の位置を良い状態でキープしておく必要があります。



そのために大事なのは、



「お臍をちょっと前に出す」



というイメージです。



お臍を前に出すと、丸くなった背骨が真っ直ぐにピンと起きがります。



この姿勢が骨盤がしっかりと閉じた状態をキープできる位置になります。



「急に太りやすくなった、、、」

「体重が元に戻らない、、、」

「ジーパンが入らなくなった、、、」



など、産後の骨盤の歪みによってこのようなお悩みが出てきたあなた。



鏡で自分の姿を横から見た時、猫背になってませんか?



是非、良い姿勢を意識してみて下さい。



また、産後の骨盤の歪みや猫背などの姿勢の悪さが気になる方は、お気軽にみちい整体院にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP