生理周期の乱れや生理不順はカラダとココロの声

こんにちは。



兵庫県尼崎市のみちい整体院の道井雄です。



皆さんは、現在の自分の“生理周期”は知っていますか?



女性特有のプチ不調と言われる、



腰痛、肩こり、頭痛、疲れ・ダルさ・生理痛・生理不順・PMS(月経前症候群)、冷え、むくみ、ニキビ、肌荒れ、くすみ、、、、



などなど、これらの不調は女性の場合、特に「女性ホルモンの乱れ」が隠れた原因となっています。



最初は、



「腰が痛いだけ」

「肩が凝るだけといった」

「ちょっと頭が痛い」



と、その場所だけが悪く感じてても、それを放置することにより、プチ不調の原因である女性ホルモンの乱れへと繋がります。



そんな女性にとって健康の土台とも言える女性ホルモンですが、



生理周期によって今の自分のホルモンバランスを把握することができます。



生理周期は、「生理が始まった日から、次の生理の前日まで」を1サイクルと考えます。



もちろん個人差はありますが、その1サイクルは通常28日と言われており、その28日間のうち生理期間が3〜7日くらいがベストと言われています。



この全体的な流れを「女性ホルモン」がコントロールしているわけですが、



日々仕事での蓄積されたカラダの疲れ、複雑な人間関係、不規則な生活、偏った栄養状態により、



女性ホルモンが乱れ、生理周期が崩れることで生理不順になります。



生理不順は急になるわけではなく、「ココロ」と「カラダ」の疲れが蓄積し、女性ホルモンの司令塔である「脳」がストレスを感じたことにより起こる“結果”です。



つまり生理不順がある場合、生理不順そのものに対処しようと考えるのではなく、生理不順になったその“背景”をよく考えていただきたいと思います。



カラダとココロの声が、あなた自身に届かなかった結果、もしくは届いてたけどもちょっと声が小さく聞き取りづらかった結果の“生理不順”であるとお考え下さい。



そのバロメーターが



「生理周期を把握する=自分の女性ホルモンのご機嫌を知る」



ということに繋がります。



あなたはご自分の生理周期を毎日測っていますか?



生理周期はあなた自身の“温度計”みたいなものです。



もし不調を改善したいけど何からしていいのか分からない場合は、まずはカラダの声をしっかり聞くということから始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事

PAGE TOP