梅雨の時期の特効ツボ

こんにちは。


兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。


いや~、暑くなりましたね。


我が家でも昨夜はあまりの暑さに、今年初めてクーラーを付けて寝ました。


でも暑さもさることながら、この梅雨の時期のジメジメ感もまた追い討ちをかけますね。


湿気が体にまとわりつく感じが何とも不快指数をアップさせます。


東洋医学では、この世に存在する全てのものを木・火・土・金・水と5つに分けています。


そして、一年を通して季節をこの分類に分けてみると、


木-春
火-夏
土-土用
金-秋
水-冬


と分けることができます。


そして、それぞれを内臓の働きでみてみると、


木-春(肝)
火-夏(心)
土-土用(脾)
金-秋(肺)
水-冬(腎)


となります。


じゃあ、今の時期は何に該当するのか?


実は「土用(どよう)」なんです。


土用とは、季節の移り変わりを表す語句として用いられ、


まさに今の春→夏の間を埋めるジメジメとした梅雨の時期を土用としています。


もちろん、季節の移り変わりを埋めるための季語なので、他の季節にも適用できるのですが、


東洋医学で土用と言えば、梅雨の時期とお考え下さい。


そして、その梅雨の時期に対応した臓器は「脾」となっています。


脾とは、解剖学的に言うと「脾臓」を現し、血液を作ったり、免疫細胞を作ったりしています。


これだけで考えると、梅雨と脾臓って全然関係ないのでは?と思いますよね。


でも、東洋医学では当時「脾臓」のことを「膵臓」と捉えていました。


膵臓の働きは、簡単に説明すると、消化酵素の分泌です。


当時の先人達は、脾が食べ物の消化を担当していると考えていました。


だから、土用は消化に関係する。


つまり、梅雨の時期は、消化器系である胃や膵臓が原因の不調が出やすいと考えたわけです。


そう考えると、思い当たることがありませんか?


「このジメジメした時は、食欲が落ちるな」と。


あと、土用は鰻を食べるという風習もありますよね。


昔の人は経験的に、この時期は食欲が落ちるから、スタミナのつく鰻を食べて元気をつけましょうと知ってたわけです。


けど、あまりの暑さに「そもそも、それ食べるための食欲がないねん」っていう人も中にはいたでしょう。


そんな時に用いられてた方法が、足三里のお灸です。


この場所へのお灸は、現在、胃液や消化酵素の分泌を促進すると研究で発表されています。


つまり、食欲をアップさせるわけです。


今なら、食欲が無ければ、病院に行けば処方箋を出して貰えますし、ドラックストアに行けば、夏バテ用の栄養剤などが売られてますが、


そんな便利なものがなかった当時、食欲がない時は足三里にお灸をすると、食欲が増すと経験的に知ってたわけです。


恐るべし、先人の知恵ですよね。今になっても全然通用する考えなわけですから。


皆さんも、この時期食欲が落ちて毎日疲れてるということないですか?


そんな時は是非、足三里にお灸をしてみてください。


もちろん、指でグッと押さえるのでも構いません。


場所も、キッチリ守らなくてもだいたいの場所で大丈夫です。


ちょっとその周辺を押さえながら、


「あぁ、何かそこ効くな~」


の感覚があれば、それがツボです。


また、足三里は万能ツボとしてもよく使われます。


かの有名な松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも、毎日体調管理のために、足三里にお灸をしていたと記されています。


是非、皆さんも「この時期は食欲がなくて、疲れるな~」といった場所は、足三里のお灸にトライしてみてくださいね!

関連記事

PAGE TOP