本当の美しさを得るには、まず「健康」という土台から。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



現代の女性の7〜8割は「冷え性」だと言われています。



理由はカラダを動かす機会が減ったことによる筋力の低下や血流の悪さなどがあるからです。



昔は仕事といえば畑仕事、家事といえば洗濯板や薪割り、移動といえば徒歩といったように、



カラダを無理にでも動かさなければ生きていけない環境にあったため必然的に筋肉を使っていました。



しかし、現代ではデスクワークなどで長時間同じ姿勢でいたり、移動手段としても車やエレベーターやエスカレーターなどそこに乗るだけで違う場所まで運んでくれるといったように便利な世の中になりました。



しかし、その弊害として“運動不足”でや“筋力不足”など全身の血の巡りが悪くなり「冷え性」を伴うようになりました。



また、生活が便利になったこと以外にも色々原因があります。



例えば、ダイエット。



昔や子供を産めや作れやの時代であったために摂るものはしっかり摂るといった考えが当たり前でした。



しかし、現代は生き方の“多様化”が進み、必ずしも「幸せといえばこれ!」といった考えが無くなりました。



つまりは生き方が自由になったために、自分から「不健康」を選べる時代にもなりました。



もちろんこれは意識して選んでるわけではありません。



その代表がダイエットによる“食の偏り”。



昔はダイエットは抜きにして「健康でいるためにバランスよく」といった考えが当たり前でした。



だから健康で丈夫なカラダであることが大前提であったため、その健康がカラダやココロに「滲み出した」美しさがありました。



しかし、時代が流れネット社会となった今ではキレイと言えばただただ、



「スタイルがいい」

「足が細い」

「顔が小さい」



など美に対して少し偏った価値観がはびこって、



誰に対しての美?



何のための美?



と考えてしまうぐらい、極端な食事制限やダイエットが当たり前となってしまう。



確かに細けりゃキレイだし、美しく見えるかもしれせん。



しかし、本当の美しさってそういことでしょうか?



例えば、極端なダイエットにより急激に体重を落としたとします。



体重が減ったという意味では成功ですよね。



しかし、その極端な食事制限の代償により生理不順、もしくは無月経を患ったらそれは果たして成功と言えるでしょうか?



女性の美しさの土台である「女性ホルモン」はコレステロールにより作られています。



しかし、「脂肪はカラダにとっていらないもの」といった偏った考え方で全く栄養を考えないカロリーの制限をしていると女性ホルモンが作られなくなり月経周期が乱れてやがて生理不順や無月経になります。



本当の美しさは「健康」ありきで成り立っています。



健康だから、女性ホルモンのバランスもよいし、お肌の潤いもしっかり出ます。



その為に必要なのが「冷え性」対策です。



カラダが冷えると全身の血の巡りが悪くなりカラダ・ココロ・お肌のコンディションが悪くなります。



生理不順や無月経など月経に関するトラブルも極端なダイエットにより栄養が偏りカラダが冷えることが原因となります。



あなたも本当の健康や美しさを手に入れるのであれば、まずは「冷え性」対策をしっかりして血の巡りを改善していきましょう!

関連記事

PAGE TOP