憂うつな生理痛にはお灸で乗り切りましょう!

こんにちは。



兵庫県尼崎市の整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



女性の月経トラブルとして代表的なのが、「生理痛」です。



生理痛の痛みの出るメカニズムは大きく分けて2つあります。



一つ目は「過度な子宮の収縮」によるもの。



生理時、子宮は血液を体外に排出するために収縮する必要があります。雑巾を絞る時みたいにギューっと収縮するわけです。



本来血液は液体なので排出させるのは難しい事ではありません。



しかし、冷えの影響などにより子宮の働きが弱くなると本来の収縮力では十分に血液を体外に排出することが出来ません。



そのために本来の自分が持ってる力以上の力で血液を体外に排出する必要が出てくるため、生理痛が起きやすくなります。



生理時に、



「お腹がキリキリ痛む」



という人は、まさに冷えの影響で子宮の収縮力が弱まり、返って無理に子宮を働かせているのかもしれません。



そして、二つ目が「子宮内膜が剥がれ落ちる際の“プラスタグランジン”」の存在。



冷えや骨盤のゆがみにより子宮や卵巣の血流が悪くなると、



血液を体外に排出する際に一緒に剥がれ落ちる子宮内膜から



“プロスタグランジン”



という発痛物質が遊離されます。



プロスタグランジンが遊離されると神経を刺激するため強い痛みを感じてしまうことになります。




生理痛はこの2つの原因により毎月耐え難いほどの痛みに見舞われるわけです。



このように、



「子宮の過度の収縮」



「子宮内膜から剥がれ落ちたプロスタグランジン」



により生理痛は起こるわけですが、この2つの悪因子を助長させてしまうのが、



「子宮や卵巣への血流不足」



です。



他にも上記で挙げた「冷え」以外に、



・寝不足

・栄養バランスの偏り

・ストレス

・骨盤のゆがみ

・運動不足



なども挙げられますが、子宮や卵巣に直接的にダメージを与えるのは「冷え」が一番多いです。



そして、これを解消するには“下腹部”を温めて骨盤内の子宮や卵巣の血流を良くしてあげる事が大切です。



そのためにオススメなのが「お灸」です。



生理痛に効くツボはいくつかありますが、今日はその代表的なツボである、



「関元」



というツボをお教えしますます。



関元はおヘソから“指3本”分下のところにあります。



このツボの下にはちょうど子宮があり、ここのツボを押さえるだけでも、生理痛を和らげる働きがあります。



また同じ位置に卵巣もあるために、女性ホルモンを整えるのにも役立ちます。



そして、この関元というツボはもちろん指でグーっと抑えても構いませんが、子宮や卵巣がある特性上、“お灸”で温めながら刺激するとさらに効果がアップします。



何故なら、“温める”作用があるので子宮や卵巣の血流も改善されるからです。



もちろん、使い捨てカイロや湯たんぽでも下腹部全体を温めて骨盤内の血流が改善されるのでオッケーです。



ただ、使い捨てカイロや湯たんぽとお灸の決定的な違いとして、



「熱の深部到達度」



というものがあります。



使い捨てカイロや湯たんぽはカラダの表面を温めるのに対して、お灸はツボというピンポイントを刺激するために熱がカラダの奥の方まで届きやすいというメリットがあります。



でもこれはどっちが良くて、どっちが悪いという話ではありません。



会社などで仕事しながら温めたい場合は使い捨てカイロがいいですし、自宅など横になったりゆったり出来る環境の時にはお灸でしっかりケアをしてあげるといったようにTPOに応じて使い分けて下さい。



毎月憂鬱な生理痛でお悩みのあたな。



それは子宮や卵巣が冷えているからかもしれません。



もしくは何気にストレスを抱え込みすぎてるせいかもしれません。



そんな時は早めに仕事を切り上げて自宅でまったりお灸タイムを堪能して下さい。

関連記事

PAGE TOP