慢性的な肩こりや腰痛は血流の悪さによる「疲労物質」の蓄積の結果です。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



私達の細胞は日々、新陳代謝を繰り返しています。



新陳代謝を繰り返えすことで、いらなくなった細胞は新しい細胞と入れ替わり生命を維持しています。



例えば皮膚の場合、下から新しい細胞がグングンと上へと押し上げられ、表層にあるいらなくなった皮膚は「垢(アカ)」として剥がれ落ちていきます。



そして、筋肉も日々仕事や家事育児などカラダを動かすことで、皮膚と同じように新陳代謝をして疲労物質という垢を出しています。



この疲労物質が筋肉に溜まり続けることで、神経を刺激して、慢性的な肩こりや腰痛の原因になります。



本来であれば皮膚と同じようにお風呂でカラダを洗った際に汚れとして洗えればいいのですが、



筋肉から出る疲労物質はそういうわけにはいきません。



じゃあ、疲労物質はどのように排出されるのか?



それが、「血流」です。



体内に溜まった老廃物は血液によって回収されて尿や呼吸で体外に排出されます。



しかし、長時間デスクワークや運転、家事育児などによりカラダに負担をかけ続けると筋肉がガチガチに凝ってしまうために全身の血流が悪くなってしまいます。



このことが原因となり疲労物質が筋肉内に溜まり、さらに筋肉を緊張させて腰痛や肩こりを引き起こします。



また、デスクワークや家事育児などで姿勢が悪くなったり、同じ側の肩からバックを掛けたり、どちらかの脚を上にして組む癖があると背骨や骨盤が歪んできます。



骨盤や背骨が歪むとさらに筋肉がガチガチに凝るだけでなく、歪みが原因となって自律神経が乱れます。



これは、歪みによってガチガチに凝った筋肉が自律神経を刺激して交感神経優位の状態にするからです。



交感神経は血管を収縮させる働きがあるために、交感神経が刺激されると全身の血流が悪くなり、



カラダのあちこちに疲労物質が回収されずに停滞するので更に強い痛みや不快感を引き起こします。



このことからも分かるように、慢性的な腰痛や肩こりや全身の疲労感を改善させるには、マッサージやストレッチなどで硬くなった筋肉をほぐして柔らかくするだけでなく、



骨盤や背骨の歪みを整えて、全身をリラックスさせてることで血流を改善していく必要があります。



しかし、仕事で毎日夜遅くまで頑張る女性や家事育児で目の回るような日々を送っているママさんなどは、その忙しさゆえに自分のカラダのことが後回しになっているのが現状です。



でもその目の前のやることに忙殺されていると、カラダの中ではこのような現象が起こり続けています。



毎日のデスクワークや家事育児で、



「肩がガチガチに凝る、、、」

「腰が重だるい、、、」

「何故かいつもしんどい、、、」

「寝ても疲れが取れない、、、」

「けど、病院に行くほどでもないしな、、、」



そのような症状があればそれは盤の歪みで血流が悪くなり「疲労物質」というゴミが体内に溜っているサインです。



そんな時は是非一度立ち止まってカラダの声に耳を傾けてあげて下さい。



また、頑固な肩こりや腰痛や慢性的な頭痛。寝ても取れない疲れなどのような症状でお困りのことがあれば、お気軽にみちい整体院にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP