座りっぱなしで「ムズムズ」してくる腰痛は”伸び”と“温め”で解決!

こんにちは。



兵庫県尼崎市で整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



「ずっと座りっぱなしの姿勢でいると腰や背中あたりがムズムズとしてきて、じっとしていられない」



ということないですか?



これは同一姿勢で作業をし続けたことにより起こる筋肉の血流不足の症状です。



腰や背中は上半身の重みを一手に引き受けています。



直立姿勢の時は、背骨が緩やかなS字カーブになっているので上半身の重みは、



首・肩・背中・腰・骨盤・股関節・ひざ関節・足関節



に分散され、力や重みが腰や背中の一点に集中することはありません。



しかし、座っている状態でいると骨盤が後ろに倒れるために背骨のS字カーブが消失し、例えるなら“弓”のような曲がり方をしてしまいます。



言葉で説明すると分かりづらいかもしれないので、あなたもお近くにソファがあれば、そこに深く腰をかけて座ってみて下さい。



背骨が背中側にグニャっと曲がり、姿勢が悪くなるのが分かりますか?



これがいわゆる“姿勢不良”もしくは、“猫背”と言う姿勢になります。



このままずっとパソコン作業などをすると、その姿勢の悪さの影響で、腰や背中に上半身の重みが乗っかり続ける状態になります。



すると筋肉が緊張して硬くなり、血流がわるくなるので、



「じっとしているのも辛い」



という腰痛特有の症状がでてきます。



この対策としては、単純ですが



「同じ姿勢のまま長時間いない」



という事になります。



極端な話、姿勢不良も1分や2分程度であれば何の問題もありません。



それは、筋肉が疲れていないからです。



そのまま長時間いるから筋肉が疲労し血流が悪くなってくるわけです。



そんな時は、最低1時間に一回は両手をグッと上に突き上げ“伸び”をして下さい。



伸びをすると筋肉の血流不足が改善され、その場所に留まった疲労物質が流れ始めます。



また、血流不足がリセットされると筋肉のコリの解消だけでなく、冷えの改善にも繋がります。



筋肉は同じ姿勢でいると約30分もしたら疲れが出始めます。



なので、理想的を言えば30分に一回は伸びをしてリセットをしてほしいとこです。



しかし、仕事をしているとそんなに何回も何回も伸びなんて出来ないですよね。



そんな、時は腰にカイロをあてて温めてあげると良いです。



「血流を良くする」と言う点では同じですし、しかも、カイロを腰にあてて筋肉が温まっている状態だと、筋肉も伸びやすくなるのでストレッチ効果も抜群です。



また腰が温まると骨盤内の血流も改善され子宮の冷えを予防してくれるので生理痛の改善にも繋がり一石二鳥です。



是非あなたも、頑張っている自分を労う意味も込めてカラダをグッと伸ばしたり、温めたりしてあげて下さいね!

関連記事

PAGE TOP