姿勢が悪くなると、女性ホルモンも乱れる?

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



“骨盤のゆがみ”があると、そのゆがみを補正するために、骨盤や背骨を支える筋肉に負担がかかり腰痛や肩こりの原因になります。



しかし、“骨盤のゆがみ”が及ぼす影響はこれだけではありません。



女性にとって重要な臓器である子宮や卵巣は骨盤の中に収まっています。



長時間のデスクワークによる姿勢の悪さや、家事育児などで同じ動きを繰り返している中で骨盤や背骨がゆがんてくると、



そのゆがみの影響で胃や腸が圧迫されて動きがスムーズではなくなり、やがては便秘や消化不良などになります。



また、人間の内臓の中で一番下にあるのは子宮と卵巣です。



骨盤のゆがみにより子宮や卵巣が圧迫されるとその働きが弱まり、卵巣から女性ホルモンが分泌されにくくなります。



また子宮への血流も悪くなるため、生理痛などの月経に関する不調も出てやすくなります。



これは、背骨や骨盤がゆがむことで内臓が圧迫されると、その一番下にある卵巣や子宮は一番ダメージを喰らいやすくなるからです。



他の内臓、例えば胃や腸はお腹の中で“紐で吊るされた状態”で存在しているため、ゆがみの影響で内臓の位置が変わっても逃げる場所があります。



しかし、子宮や卵巣はその周りが骨盤であるため、言ってみれば両サイドに“骨の壁”があるようなもんです。



つまり逃げ道がないということです。



これは私たち人間の生活自体にも同じことが言えます。



例えば、満員電車をイメージして下さい。



いつもギュウギュウで前後左右から人々が押し合っている状況の中であなたはリラックスできますか?



そんな中で長時間いれば誰だって疲れますよね。多分イライラもしてくるでしょう。



子宮や卵巣も同じです。



左右前後からギュウギュウに押されてるために疲れてしまいます。



その疲れの結果、女性ホルモンが乱れ生理痛や生理不順が起きやすくなります。



じゃあ、どうすればいいか?



骨盤のゆがみは“姿勢”で分かります。骨盤がゆがみ姿勢が悪くなると猫背気味になります。



それは骨盤が後ろに倒れてしまうからです。



分かりやすく言うと、顎を前に突き出し、背中を丸めお腹を奥に引っ込めたような姿勢です。



これが、子宮や卵巣の働きが弱くなる猫背の状態です。



その姿勢を良くするには色々ポイントはありますが、まずは“軽くお腹を突き出す”。



軽くでいいです。まずはこのイメージをしっかり持って下さい。



すると、どうでしょうか。背骨もキレイに伸びてないですか?



実際にこの姿勢でいると、お腹が軽くそして内臓がスムーズに動く感じが分かるかと思います。



これが内臓が本来の動きを発揮している状態です。



女性ホルモンの乱れはストレス、睡眠不足、食事の不摂生、冷え、疲労など様々な原因でおこりますが、“骨盤のゆがみ”も強く影響しています。



もし自分の骨盤がゆがんでるかな?と思ったら、まずは良い姿勢を作ることを心掛けてみて下さい。

関連記事

PAGE TOP