女性ホルモンの乱れやプチ不調は夏場に多い?

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



あなたは夏場なのに風邪を引いたり、体調を崩しやすいということはないですか?



風邪や体調が崩れるのは気温が寒くなる冬場に起きそうなものですが、夏場でも意外と風邪を引いたり体調を崩す人が数多くおられます。



今は夏場でも快適に過ごすことができる環境になったため多くの人が、体温調節が苦手な体になっています。



体温調節とは本来の自分の力を発揮できる“適体温”が存在しており、暑くなれば体温を外へ逃がすために汗をかき、寒くなれば体温を外へ逃がさないように血管を収縮させ体温を保つなど防御機構として備わっていますが、



・長時間クーラーに当たり続ける

・肌の露出が多い服で過ごす

・運動不足

・生活習慣の乱れ

・睡眠不足



などにより自律神経が乱れることで、全身の血のめぐりが悪くなり徐々に防御機構に不具合が生じて適体温を維持できなくなります。



特に体温が36℃を下回ると免疫を司る“リンパ球”の数が減り風邪などにかかりやすくなります。



これが夏場でも風邪を引きやすい原因になります。



また、適体温が維持できず体が冷えやすい状態にあるということは女性の場合、
女性ホルモンも乱れやすくなります。



常々お伝えしているように子宮や卵巣はデリケートで血流不足にはめっぽう弱く、ちょっとしたストレスや疲れ、骨盤のゆがみなどで子宮・卵巣血流が悪くなると十分な力が発揮できなくなります。



その影響で、女性ホルモンが乱れて肩こりや腰痛や頭痛、疲れ・ダルさだけでなく生理痛、生理不順、無月経、さらには不妊になりやすくなります。



では、そうならないためには?



基本“温める”ことです。



・夏場でも毎日湯船に浸かり、しっかり体を温める

・薄着など肌が露出するふくを極力避ける

・カイロをお腹に貼っておくと

・ぶ厚めの靴下を履き足元を冷やさない

・定期的にウォーキングなどをして汗をしっかりかく

・骨盤のゆがみを整える子宮や卵巣の血流を良くしてあげる

・普段からストレスを溜め込みすぎずリラックスして過ごす

・体を温める作用のある生姜湯やハーブティーを飲む



などなど、日頃からの冷え対策をしっかり行って下さい。



今は夏場でも体がキンキンに冷えるぐらいクーラーが効いており、冬場よりもむしろ夏場の方が風邪を引いたり体調を崩しやすい人が多くなってきている気がします。



あなたも、この暑い時期だからこそ体を冷やし過ぎないように注意してお過ごし下さい!

関連記事

PAGE TOP