女性ホルモンのバランスを整えるには当たり前のことを当たり前に。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



仕事や家事や趣味に自分磨きに忙しい現代女性はそれだけ生き甲斐や楽しみが多い分、ストレスや疲れも溜め込みがちになります。



つい仕事で無理をして食事や睡眠が疎かになったり、溜まった疲れを放ったらかしにしていると、



最初のうちは、



「何か疲れたなぁ、、、」

「最近、ヤル気が起きないなぁ、、、」

「寝てもスッキリしないなぁ、、、」



といったような、



「病院に行くほどではないが、何とも言えない不調が続いている」



という問題が出始め、やがては、



腰痛、肩こり、頭痛、ダルさ、冷え、むくみ、便秘、肌荒れ、ニキビ、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)、、、



など「女性特有のプチ不調」がでてきます。



これらは、ついつい仕事で無理をして夜更かしをしたり、家事による疲れを放置したり、ストレスを溜め込んで暴飲暴食をしてしまったことによる、



「女性ホルモンの乱れ」



が原因です。



例えば、仕事で残業が続き寝不足の状態であったとします。



人間にはもともと体内に埋め込まれた時計(体内時計)のようなものがあります。



太古の昔から持っている人間の体内時計は、朝日を浴びることが1日の始まりの合図でありカラダを活発に動かします。



そして太陽が沈む頃に自然と1日の終わりを自覚して夜には睡眠に入れるように眠気が来るようにセットされています。



このようなリズムを、



「サーカディアンリズム」



と言います。



そして、このサーカディアンリズムは“自律神経”により調整されてます。



自律神経は、



「交感神経」と「副交感神経」



の2つからなり、



交感神経はカラダを活発に動かし、副交感神経はカラダをリラックスするように働きます。



しかし、残業で寝不足が続き、本来ならば副交感神経が優位になり寝てなければいけない時間帯にバリバリ目が冴えることをしていると、



自律神経のバランスが乱れてサーカディアンリズムも崩れてしまいます。



すると、本来副交感神経が優位になり寝なければいけない夜になかなか寝付けず、逆に交感神経が優位になり起きなければいけない朝に眠気が取れず、一日中気だるさ満開の中で仕事をすることになります。



この生活を繰り返す中で女性ホルモンのバランスも乱れて、女性特有のプチ不調の原因となります。



こうならないために大事なのは、自分の今の環境と、自分の体の中に備わったサイクルを認識すること。



つまり、



・夜更かししない

・食事のバランスを気にする

・疲れやストレスを溜め込まない

・カラダが冷えないようにする

・周りの人に振り回されない



などなど、当たり前の事を当たり前にこなすということが大事です。



しかし、その日当たり前が意外と難しいですよね。



なので、まずはベビーステップとして、



・いつもより30分早めに寝る

・食事のデザートを半分にしてみる

・エレベーターのところを、たまには階段にする

・靴下を二枚履きにする

・お腹をカイロで温める



など、自分がストレスなくできる部分から改善して行きましょう。



小さい歯車が動き出すと、やがて大きい歯車も動き出す。



そんな心積もりで気軽にできることから始めてみて下さい。



ポイントは、



「当たり前のことを、当たり前に」



です。



最近、不調が続いてどうもスッキリしないあなた。



それは知らず知らずのうちに狂った生活習慣に原因があるかもしれません。



そんな時は「自分をメンテナンス」して毎日を丁寧に過ごすように心がけましょう!



そして、それでも

「なかなか疲れが取れない」

「寝付きが悪い」

「寝てもスッキリしない」

「いつも疲れてる」



など、



「病院に行くほどではないが、何とも言えない不調が続く」



という時は、是非当院にお気軽にご相談下さい!

関連記事

PAGE TOP