女性ホルモンのバランスを整えるには“〇〇〇〇〇ウォーキング”

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



女性特有のプチ不調である、



腰痛、肩こり、頭痛、疲れ・ダルさ、冷え、むくみ、肌荒れ、ニキビ、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)



などの、共通の原因として“女性ホルモンの乱れ”が挙げられます。



そして女性ホルモンの乱れは



“骨盤のゆがみ”



が1つの原因として存在します。



ではなぜ、骨盤がゆがむと女性ホルモンが乱れてしまうのか?



それは、骨盤がゆがむことで骨盤内にある子宮や卵巣の血流が悪くなるからです。



子宮や卵巣は女性にしかない臓器で、それ故に凄くデリケートです。



ちょっと血流が悪くなるだけでも、働きが鈍ってしまい、すぐにホルモンバランスにも影響を与えてしまいます。



そんな時は我々のようなプロの手で骨盤の位置をキレイに修正してあげれればベストなのですが、



毎日忙しく働く女性にはそもそもそんな時間を作り出せないですよね。



そんな時に普段から自宅や出勤途中でも出来る簡単なエクササイズとして、



“つま先立ちウォーキング”



というものがあります。



ふくらはぎは別名“第2の心臓”と言われて、ふくらはぎの筋肉をたくさん使うことで筋肉のポンプ作用が働き、



下半身の血流が良くなり、骨盤のゆがみによる子宮や卵巣への血流も改善します。



つまり、下半身に停滞している血液が足の筋肉のポンプ作用により全身をめぐるようになると、



血流不足により働きが鈍っていた子宮や卵巣がしっかり温められ女性ホルモンの分泌しやすい体質になります。



これは、生理痛や生理不順やPMS(月経前症候群)の改善につながるだけでなく、体全体が温まることで“妊娠力”のアップにも効果があります。



ポイントは2つ。



1つ目は、お腹を引き上げ肛門をギュッと締めて、かかとを上げてつま先で立つ。



2つ目は、その状態のまま姿勢を正してまずは3分間歩く。



以上。



めっちゃ簡単じゃないですか?(笑)



普段全然運動ができてないあたな、もしくは骨盤のゆがみが気になるけど、なかなか整体などに行く時間が作れないあなたに是非ともオススメなエクササイズです。



是非、時間があるときにお試し下さいね!

関連記事

PAGE TOP