女性ホルモンのちょっと神秘的な話。エストロゲンとプロゲステロンと月経周期について。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



当院では女性特有のプチ不調に対して施術を行う場合、「女性ホルモンのバランスがどうか?」という観点から健康状態の評価をします。



それぐらい20代〜40代の女性にとって女性ホルモンのバランスは大切で、特に25歳〜28歳をピークに女性ホルモンのバランスは下り坂になり体調を崩しやすくなります。



しかし、“女性ホルモン”と一言で言っても体内に“女性ホルモン”というものが存在しているわではありません。



実際には女性ホルモンは2種類存在しいて、それぞれ役割があり、月経周期によって分泌されるホルモンが違います。


一つ目は“エストロゲン(卵胞ホルモン)”



このホルモンは生理後〜排卵前までに多く分泌されるホルモンで、



別名“美のホルモン”



主な働きは



・子宮内膜を厚くする
・受精卵の働きを助ける
・卵子を育てる



と言った基本の効果役割の他に、


・肌のハリを出す
・新陳代謝を促す
・内臓脂肪を付きにくくする
・髪にツヤを出す
・自律神経の働きを安定させる
・脳を活性化させ記憶力をアップさせる
・コレステロール値を下げる
・血管や骨を丈夫にする
・性欲の増進



などの効果があります。



何かいっぱいあってややこしそうですが実はそんなことなくて、生理後〜排卵前に多く分泌されると言う部分に注目すると分かりやすいです。



つまり、“妊娠の準備”をするためのホルモンなんです。



例えば、



・妊娠をする準備をしているから子宮内膜を厚くする

・妊娠するために優秀なオスをゲットしないといけない。肌のハリを出したり、新陳代謝を促して内臓脂肪を燃焼させることでスリムに見せる。



など、優秀なオス(男性)との間に優秀な子孫を残すためにDNAレベルでプログラミングされてるんです。



「この時期は優秀なオスを引き寄せるため、女子力をアップしてよりセクシーになりなさい」と。



だから性欲も増進するし、別名“美のホルモン”と言われるわけですね。



そして2つ目が“プロゲステロン(黄体ホルモン)”



このホルモンは排卵後〜生理前に主に分泌されるホルモンで、



別名“母のホルモン”です。



エストロゲンの“美のホルモン”とはまたちょっと趣向が違った呼び方ですね。



主な働きは、



・子宮内膜をさらに厚くする
・卵胞の発育を抑える
・エストロゲンの働きを抑制する
・体温を上昇させる
・水分を溜め込む
・新陳代謝を遅らせる
・皮下脂肪を溜め込む



となってます。



何か美のホルモンであるエストロゲンと真逆の感じじゃないですか?



実はそうなんです。



何故なら“妊娠した程”で働くホルモンだから。



ここで注目してほしいのは、“排卵後”に分泌されるということです。



排卵したということは実際そうであるかどうかに関わらず、体は「妊娠した」と判断します。



だって排卵するということは、妊娠するためにしているから。



つまり、卵巣から排出された卵子を精一杯守ろうとしているわけです。



だから、



・卵子をよりフカフカなベッドで育ててあげるために子宮内膜を厚くする

・今の妊娠した(程の)卵子を精一杯育てるために、エストロゲンの作用を抑えて次の卵胞の発育を抑制する

・卵子が快適に過ごせるために脂肪を溜め込み体温を上昇させる



などなど、エストロゲンと真逆の働きをするわけです。



これが別名“母のホルモン”と言われる所以です。母の力恐るべしです。



でも、実際に妊娠なんかしていない場合は?となりますよね。



その次に起こるのが“生理”です。



排卵後から妊娠した程で事を進めた卵子は、しばらく経つと(14日間ぐらい)、「どうやら妊娠してないみたいだぞ」と判断します。



すると生理が始まり子宮内膜と共に血液として卵子を体外に排出して、再び体は次の排卵の準備に入ります。



以上が、2種類の女性ホルモンの役割と月経周期の一連の流れになります。ちょっと長過ぎましたかね?(笑)



でもそれぐらい女性の体はデリケートに且つ神聖に作られています。これを生理があるうちの約40年ほどずっと繰り返すわけですから。そりゃ不調の一つや二つは出ます。



今回は長々と女性ホルモンについてのお話をしましたが、こんなこと全部知ってなくていいと思います。



ただ、「自分の体ってそうなんだ」と自分自身に“関心と感心”を持つきっかけになれば嬉しく思います。



是非あなたも自分の神秘に“感動”してください!

関連記事

PAGE TOP