女性のカラダやお肌やココロの調子は月経周期や女性ホルモン無しでは語れません。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



例えば、お肌のコンディションは月経周期によって微妙に変化します。



“生理後〜排卵前”の「卵胞期」



この時期は、女性ホルモンのうちの「エストロゲン」と言われるホルモンの影響で弾力やハリ感がアップしモチモチしたお肌になります。



これは「エストロゲン」がお肌の細胞を活性化させてコラーゲンをたくさん分泌するように作用するからです。



反対に、



“排卵後〜生理前”の「黄体期」



この時期は女性ホルモンのうちの「プロゲステロン」というホルモンが優位になります。



プロゲステロンはカラダに水分を溜め込んだり、体温をわずかに上昇させる働きがあります。



その影響で顔やカラダにむくみが出やすくなったり、ニキビや吹き出物が出たり、オイリー肌にもなりやすくなります。



このように、“排卵後〜生理前”の「黄体期」は生理周期の中でお肌のコンディションが極端に悪くなる時期です。



また月経周期において、「黄体期」のあとには、



「生理期」



が待ち構えています。



生理期はエストロゲンの分泌もないためコラーゲンがつくられずお肌の弾力も失われます。



それに、生理により血液が体外に排出され、カラダの水分少なくなるために乾燥肌や敏感肌になりやすく、



鉄分などの栄養素も失われるためにお肌のバリア機能が失われます。



ここで、お気付きの方もいるかもしれません。



女性のお肌って月経周期のうち黄体期と生理期と2つの期でコンディションが悪くなるので、



単純計算、月経周期を約30日と考えた場合、約3分の2、つまり30日のうち20日は絶不調であるということになります。



これはカラダやココロのコンディションでも同じことが言えます。



そう考えると多分あなたも感覚的に分かるかもしれませんが、生理周期(約30日)のうち、



「今日は何だか絶好調だな。そして気分も爽快!」



と思う日よりも、



「今日はカラダもダルいし、お肌の状態も悪い。気持ちも疲れ気味。」



と感じる日の方が多いということになります。



そりゃ、そうですよね。



だってエストロゲンが分泌されてお肌もカラダもココロも元気なのは30日にうち半分もない、ほんの10日ほどしかないくせに、



カラダもお肌もココロも下降気味の絶不調の期間は半分以上の20日もあるわけですから。



一年で換算すると、絶好調はたった4ヶ月で、残りの8ヶ月が絶不調ということです。



「何のための人生?何が楽しくて女性をしてるんだろう?」



と思いたくなりますよね。



しかし逆に言うと、女性は妊娠・出産するを担っているために、それだけ、



“デリケート”に、そして“ナイーブ”に



設計されていると言うことです。



そう考えると、自分のカラダが愛しく大切な存在に思えてきませんか?



「今日はカラダもお肌も絶好調。気分も爽快=今日は女性ホルモンが頑張ってくれてるんだな」



「今日はカラダもお肌も調子が悪い。気分もスッキリしない=今日は女性ホルモンがお休みの日か。よし、私も早めに帰ってゆっくり過ごそう」



このように、気合いやヤル気で無理に乗り切るのではなく、



「自分の中にもう1人の自分がいる」



と考えるぐらいで丁度いいのかもしれません。



もちろん、全ての変化が月経周期や女性ホルモンで語ることは出来ませんが、これらは女性にとって凄く重要な要素であることは間違いありません。



あなたも、自分のリズムを知って、より楽しく、より笑顔で、よりイキイキと過ごしてください!

関連記事

PAGE TOP