女性のカラダとココロの不調の原因は「血の巡り」の悪さから。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



女性特有のプチ不調には様々な症状があります。



例えば、



腰痛、肩こり、頭痛、疲れ、ダルさ、倦怠感、便秘、肌荒れ、ニキビ、冷え、むくみ、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)、、、、



あげれば、キリがないぐらい日々忙しく働いている女性は様々な不調を抱えて頑張っています。



それぞれに原因はありますが、皆さんに共通して言えることが、



「血の巡りが悪い」



ということです。



これはこれらの症状があるから血の巡りが悪くなるわけではなく、



・偏った食生活

・寝不足

・姿勢の悪さ

・長時間のハードワーク

・無理なダイエット

・運動不足

・人間関係によるストレス



など、カラダやココロにとって負担となるような行動を取り続けることにより、血の巡りが悪くなり全身の様々な場所に不調として出てきます。



それが、人によっては「肩こり」として出現したり、「むくみ」として出現したり、「生理痛」として出現したり、



要はその人にとって“弱い場所”に出てきます。



なので、出現してる症状は“結果”であり、これらを改善していくにはもっと根本的な“血の巡り”が良くなるような生活を心がける必要があります。



逆に、カラダもココロも健康に過ごすには“血の巡り”が悪くなるような生活習慣は避けるべきであるという事になります。



今日はあなたの“血の巡り”が悪くなる様々な生活習慣についてご紹介していきます。



・お風呂にあまり浸からない

・不規則な生活を送っている

・いつも寝不足気味

・1日30分も歩かない

・仕事はデスクワークが中心

・休日は家でゴロゴロしている

・汗をあまりかかない

・首や肩が凝ってる

・基礎代謝が36度以下

・太ももやお尻周りの皮膚がオレンジの皮のようにデコボコしている

・昔に比べ太りやすくなった

・むくみやすい

・物事をクヨクヨ引きずってしまう

・悩み事がある

・自分なりのストレス解消法がない

・無趣味だ

・最近、ヤル気が起きない

・濃い味が好き



などなど、挙げればまだまだありますが、あなたはこれらの項目で思い当たることはないですか?



もちろん1つや2つ当てはまるだけで血の巡りが悪くなるわけではありません、むしろ1つ2つぐらいなら健全な範疇に入ります。



しかし、当てはまる数が多いほどカラダの代謝が悪く、血の巡りが悪くなる傾向にあります。



もし、半分以上当てはまる、もしくは8割9割当てはまるのであればそれは要注意です。



また、チェックが多い人ほど、性格や考え方の方向から血の巡りが悪くなっていく傾向にあります。



血の巡りは、カラダや美容にも悪影響な上、酷くなると血液がドロドロになり自分でも気付かないうちに不調に悩まされていたり、ストレスを溜め込んでしまいがちになります。



そんな時は自分なりにストレスに対しての「逃げ道」をつくり、積極的にカラダやココロを休ませてあげてるようにしてください。



また、健康に美しく過ごすためにはこれらとは「逆」の生活を送ればいいということです。



一気には不可能でも、毎日少しづつ悪い生活習慣を変えていけるように無理なく頑張

関連記事

PAGE TOP