女性に多い「緊張型頭痛」。その原因と対処法。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のみちい整体院の道井雄です。



皆さんは日々肩こりと共に、



「頭が重くてつらい」

「頭が締め付けられつる感じがする」

「後頭部がガンガンする」

「いつも頭痛薬が手放せない」



という症状はないですか?



これは首や肩回りの筋肉が硬く緊張したことにより生じる「緊張型頭痛」と言いまきす。



毎日デスクワークや育児家事などで同じ姿勢をとっていると首肩回りや背中がガチガチになって、いわゆる「肩こり」と言われる症状になりますが、



それを放ったらかしにすることで、肩こりにより硬く緊張した筋肉が、後頭部の付け根辺りから出る神経を圧迫した結果起こってきます。



そして、肩こりが慢性化すればするほど、その辛さがストレスとなって、さらに頭痛も悪化するというちょっと厄介な症状でもあります。



しかし、多くの人は頭痛を感じるとまず頭痛薬を飲みます。



まぁ、頭が痛いから頭痛薬を飲む。これは決して間違いではないです。



しかし、原因を考えてみると肩こりによる緊張型頭痛は筋肉が緊張した結果起こる頭痛薬なのです。



なので、痛みそのものを抑える鎮痛薬を飲んでも、ちょっとアプローチとしては“弱い”と言うか、



肩こりの原因である筋肉の緊張をじっくりほぐしてあげる必要があるにもかかわらず、



結果として出てきてる“痛み”にしかアプローチできとないと言うことになります。



まぁ、今すぐこの頭痛を何とかしたいという気持ちは分からなくもないですが、、、、



そういう時は、首と後頭部の髪の毛生え際部分にある「天柱(てんちゅう)」というツボと、



その場所から親指一本分ぐらい下にある「風地(ふうち)」というツボを、



両手の親指を使ってグッと10〜20秒ほど押してみて下さい。



この場所は、ちょうど首から頭に向かう神経の出発地点で、ここで一番神経が筋肉より圧迫されやすい場所です。



また、“痛み”と“匂い”にも密接な関係があり、特にミントに含まれるメントールという物質が頭痛を和らげる作用があると言われています。



もし、アロマとかがあれば、リラックスできる環境で程良くミントの匂いを充満させながら、頭のツボ押しなどするとココロもカラダもスッキリし、肩こりや頭痛のケアにはより効果的でオススメです!



頑固な頭痛や肩こりでお悩みの方は是非一度、お試しあれ!

PAGE TOP