夏は生活リズムが狂いやすい時期ですのでご注意を。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



いや〜、暑いですね。



この記事も何から書き始めようかなと考える前に、



「とりあえずビールで」



と同じぐらい言い慣れたノリで、まずこのセリフが出てきてしまいます(笑)



そんなこんなで、この時期は一年のうちで一番生活リズムが崩れやすい時期です。



何故か?



暑いから。以上。



夏は体内に熱がこもりやすく、いくら汗をかいて体温を外に発散させてもそれ以上の暑さで再び体に熱気がこもってしまいます。



私達の体は日中は“交感神経”の働きにより活動的に動くことができます。



これは心臓が元気よく拍動し血液が体全体をグルングルンと駆け巡ってる状態とお考え下さい。



しかし、夜になると反対に疲れを回復させるために“副交感神経”が働くことで体を休ませようとします。



つまり、心臓の鼓動が緩やかになり全身を駆け巡っていた血液がスローペースになり体を落ち着けてる状態です。



このリズムにより活動”と“休息”を繰り返しています。



しかし、夏場になると暑さの影響で体に熱がこもりっぱなしの状態になり、いつまでも“副交感神経”に切り替わらず“交感神経”優位のままになってしまいます。



交感神経が優位のままだと当然体は回復しません。



何故なら“休息”じゃなく、“活動”だから。



頭は寝ようとしてるけど、あまりの暑さに体はエンジンが入ったままになってるわけです。



その状態で回復が追いつかないまま朝を迎えるので、



「寝たのに、体がダルい」



ということになり、ここから徐々に生活リズムが崩れてきます。



夏と冬の朝起きた時では、体の疲労度がまったく違います。



冬は朝起きるのは寒さの影響で多少つらいけども“熟睡感”はあります。



これは副交感神経によりしっかり体温が下がっているお陰で、体がしっかり睡眠をとって休息しましたと言っているサインです。



まぁ、起きづらいのは体温に比べて外気温があまりにも低いためであり、これは朝起きて体を動かすうちに“交感神経”に切り替わり体温も上昇して行きます。



しかし、夏は暑さの影響で副交感神経に切り替わらず熟睡モードに切り替わらないため浅い眠りのまま朝を迎えてしまいます。



だから寝たにも関わらず疲れてるわけです。



あなたもそんな経験ないですか?



つまり夏場の疲労感や生活リズムの乱れは暑さにより熟睡できず“体の回復が追いついてない”のが原因です。



これを防いでしっかり熟睡感を得るにはどうしたら良いか?



冷房に頼るしかありません。



ただクーラーの風は体が冷え過ぎるから嫌だという人も多いと思います。



それはあくまでもその風を“直”に当たっているからです。



いくら適温と言われている28度で設定していても、それに直接しかも長時間当たっいると当然体は冷えてしまい逆効果です。



理想的にはクーラーの風を直接当たらない方向に向けて、サーキュレーターなどでその風を循環させ部屋全体に“心地よい涼しさ”と感じぐらいがベストです。



今年の夏は例年以上に暑くなるみたいです。



この暑い時期に生活リズムが崩れるとそこからドミノ倒しの如く体調が悪化しやすくなります。



あなたも小まめな水分補給と質の良い睡眠をしっかり心掛けて過ごして下さいね。

関連記事

PAGE TOP