健康女子と不健康女子。その違いは何?カラダにとっていいことをしましょう。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



あなたにとって「健康」とは何ですか?



例えば、



「納豆を食べると痩せる」

「トマトを食べると健康になる」

「○○ストレッチを一日30回するだけで病気知らずの体に!」



みたいに、これさえやっていれば!というような情報がテレビやインターネット
には溢れかえっています。



確かに、トマトや納豆は健康に良いですし、毎日30分ストレッチすれば筋肉も柔らかくなりコリが改善されます。



しかし、ここであなたに考えていただきたいのは、



「人間みな同じカラダではない」



ということ。



人はそれぞれ同じ生活環境ではありません。



仕事・年齢・性別・住んでる地域・家族構成・食生活・睡眠時間・性格、、、、



など様々であり、一概に「健康のためにはこれ」といったアドバイスはできるものではありません。



そう考えると「健康の基準」も個人個人で変わってくると思いませんか?



では、



「健康とは何ぞや?」



といという話なりますが、こんな仕事をしてる僕が言うのも何ですが、



「そんなん知らん」



と言うのが正直なとこ。



何故なら、毎年やってる健康診断。



検査の数値が正常値であっても何だかすごく疲れていて、不調を抱えている人っていっぱいいませんか?



逆に検査の数値が異常に悪くても、何の不調もなく不自由もなく長生きしてる人っていませんか?



こう考えると「知らん」もしくは「分からん」と言わざるを得ないです(笑)



というか、そもそも



「健康に正解なんてないんじゃないか?」



とさえ思えてきます。



だから巷に溢れる、



「○○するだけで」とか「たった一回するだけで○○が治る」



といった情報に違和感を感じます。



ただそんな中で確実に「健康は?」と聞かると言える答えがあります。



それは、



「細胞がしっかりして働いているか?」



ということ。



考えれば当たり前ですが、この世の生物の全ての最小構成単位は「細胞」です。



この細胞がしっかり機能しているからこそカラダが動くし生きていけるわけです。



じゃあ細胞がしっかり機能するためにはどうすればいいか?



それが「血の巡り」です。



全ての細胞は血液によって酸素や栄養をもらっています。



血液を通じて全身に必要な酸素や栄養分を行き渡らせ、老廃物を回収して体外に排出する。



この体内循環をスムーズに行うことこそが「健康」であります。



要は、



「滞りをなくし、血の巡りを良くすること」



が大事ということです。



逆に言うと、この体内循環が低下するから



「カラダが冷える」

「代謝が悪くなる」

「免疫力が落ちる」

「自律神経が乱れる」

「ホルモンバランスが崩れる」



といった状態となり、その結果、



肩コリ、頭痛、腰痛、疲れ・だるさ、肌荒れ、便秘、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)、不妊、、、、



などの、


「わざわざ仕事を休むほどではないが、何だ調子が悪い」



といった、“女性特有のプチ不調”の原因となります。



では、



「そうならないためにどうするか?」



「どう、血の巡りを良くするか?」



ということですが、正直それにも答えがありません。



ありませんと言うか、「個人個人に合った方法がある」といった方が正しいかもしれません。




しかし、共通して言える部分や、その「土台」として必ずそうでなければいけない事があります。



それが、



「カラダの歪みを整える」



ということ。



現代の女性はその複雑な生活環境や、ややこしい人間関係によるストレスから「歪みやすいカラダ」になっています。



その結果、血の巡りが悪くなり「不調」に悩まされています。



「頭痛のたびに鎮痛剤を飲む」

「便秘のために下剤を飲む」

「生理痛を無くすために低用量ピルを飲む」



薬に頼れば一時的に症状は治りますが、根本な解決にはなりません。



カラダの歪みを整えて血の巡りを良くする。



それこそが体内循環を改善し、自分で自分のカラダを治そうとする“自己治癒力”
が自然と引き出される唯一の方法です。



あなたの「血の巡り」はいいですか?



もし不調を感じているから薬に頼る前に“ゆがみ”から改善していきましょう!

関連記事

PAGE TOP