今のあなたは「エストロゲン?」それとも「プロゲステロン?」2つの女性ホルモンの活用方法

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



このブログでもよく“女性ホルモン”のことを取り上げてますが、“女性ホルモン”とはあくまで総称であり、実際には2種類のホルモンからなっています。



それが



“美のホルモンであるエストロゲン”







“母のホルモンであるプロゲステロン”



です。



それぞれその働きは対照的で、



“エストロゲン”の働きは、子宮内膜内膜を厚くしたり、卵子を育てると言った月経周期に関して基本的な役割の他に、



・肌のハリ感をアップさせる
・新陳代謝を促す
・脂肪を燃焼させる
・髪をツヤツヤにする
・自律神経を安定させる
・血管や骨を丈夫にする



など、“体の調子を健康に整える”働きがあります。



反対にプロゲステロンは



・体温を上昇させる
・水分(むくみ)を溜め込む
・新陳代謝を遅らせる
・皮脂の分泌が多くなる



など、体の調子が悪くなるように働きます。



だから、



・“月経後〜排卵前”の時期はエストロゲンの作用が働き「調子が良い」

・“排卵後〜月経前”はプロゲステロンの働きで「調子が悪い」



という傾向にあります。



あなたも感覚的に、



「生理が終わったら、何かカラダもココロもスッキリで、お肌の調子もいい!」



とか、



「今は生理前だから、体が重だるく、気分も何か憂鬱。肌も吹出物がでたり、脂っぽい」



という事ないですか?



それには、このように月経周期において2つのホルモンが関係しているからです。



まぁ、ここまでは「そうなんだ」ぐらいに知っておいて下さい。



ここで僕が言いたいことはこの2つのホルモンがありますよと言うことではなくて、



“この2つのホルモンを上手に活用してください”



ということです。



もし、あなたが今からダイエットを始めるとします。



この2つの時期のうちどちらがスムーズに体重が落ちそうですか?



絶対エストロゲンが多く分泌される“月経後〜排卵前”ですよね。



逆に今、排卵後〜月経前の“プロゲステロン”の多い絶不調の時期だとします。



もちろん、ダイエットを頑張ってる、もしくは頑張ろうとしてるあなたに、



「頑張るな」



とは言いません。しかし、1つ僕からアドバイスを言わせてもらえるなら、



「頑張るな」



と言うことです。



そんな絶不調な時期に無理して頑張るぐらいなら、その時期はその時期と割り切って、まったり過ごしましょう。



そして、エストロゲンの多く分泌される絶頂期の時期に思う存分頑張りましょう。この時期はエストロゲンに守られてるため多少無理しても大丈夫です。



つまりは、自分の月経周期をきちんと把握して、2つのホルモンと上手く付き合うことが大事だと思います。



そして、これらの時期を上手く利用している女性のことを本当の意味で“ホルモン美人”って言うんだとつくづく感じます。



是非、あなたも自分のこの2つの時期と2つのホルモンを上手く活用して下さいね!

関連記事

PAGE TOP