不眠の原因は自律神経の乱れ?あなたも疲れ過ぎかも。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



あなたは、



「疲れすぎて夜寝れない」

「疲れすぎて帰って目が冴える」

「眠たいのに全然寝付けない」



このような不眠の症状はないですか?



自分が思ったタイミングでなかなか寝付けなかったり、眠たくなったからといってベッドに入った途端に目が覚めて結局寝れないなどのような事が毎日続くと気が狂いそうになりますよね。



不眠の原因はいくつかありますが、



「自律神経の乱れ」



が一番大きな原因になります。



自律神経はザックリ説明すると、



“交感神経”と“副交感神経”



からなり、日中にはカラダを活発に動かすために交感神経が優位に働きあれやこれやと動き回ることができます。



そして、夜になると日中にパワフルに酷使したカラダを休ませるために副交感神経が優位になることで休息モードに入ります。



このように日中動き回って疲れたカラダを夜に睡眠という形で休息してパワーを充電し、翌日また再び動き回ることができます。



つまり、“交感神経”と“副交感神経”。



この2つの神経が必要に応じて交互に切り替わることで人間は生命活動を営んでいます。



しかし、



・疲労の蓄積

・複雑な人間関係

・冷え

・生活習慣の乱れ

・アルコール



などにより、精神的や肉体的にストレスなどを抱え込むような事が続くと、交感神経にスイッチが入りっぱなしの状態になり、カラダが休息することを忘れてしまいます。



忘れると言うよりも、交感神経と副交感神経の切り替えスイッチが故障して、副交感神経に切り替えれられなくなります。



このせいで、疲労が蓄積してカラダも心も「疲れたから少し休もう」と言っているにも関わらず、



「いやいや、まだまだ頑張るぞ!」



と訳の分からない誤作動を起こしてしまい、



「眠たいのに、寝れない」

「疲れているのに、なかなか寝れない」

「疲れ過ぎて、逆に眠たくない」



という状態になってしまいます。



そして、自律神経は一部が筋肉にも繋がっています。



そのために、交感神経が優位になり、カラダや心が高ぶった状態になると、筋肉まで勘違いを起こしガチガチに緊張してしまいます。



筋肉の緊張状態が続くと血流が悪くなると新鮮な酸素や栄養を全身に運べなくなるために疲労物質が全身に溜まり、余計に疲れ易くなります。



こうなると、悪循環と言うか、負のスパイラルに突入してるので、



「何故こんなに疲れてるのか?」

「何故疲れてるのにこんなに寝れないのだろうか?」



ということが自分自身でも分からなくなります。



もはや睡眠導入剤のようなものも効果がありません。



そりゃそうですよね。



ちょっと睡眠導入剤で脳の興奮を抑えたぐらいではガチガチの筋肉の緊張は取れないですから。



大事なのは、カラダをリラックスさせて、全身の血流を良くしてあげることです。



そのためには、



・毎日湯船に浸かり体を温める

・ストレッチをして筋肉を伸ばす

・定期的に運動をして筋肉を使う

・マッサージで筋肉をほぐす

・骨盤の歪みをリセットし自律神経を整える



などなど、あなたなりにカラダをリセットする方法を見つけてあげて下さい。



また、



「寝ても疲れが取れない、、、」

「熟睡が無い、、、」

「疲れて寝れない、、、」



などと言ったお悩みがある場合、骨盤の歪みを整えカラダをリラックスさせることで睡眠の質をアップさせることができます。



上記のように、自律神経の乱れによる不眠や疲労感についてお困りのことがあれば、お気軽にみちい整体院にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP