ベタ足歩きになってませんか?骨盤の歪みと歩き方の関係。

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



骨盤の歪みやすい人の特徴として、



「歩き方の悪さ」



ということが挙げられます。



もっと具体的に言うと、



「べた足歩き」



になっています。



骨盤の歪みが少なく、歩き方がキレイな人は、歩いている時にしっかり「踵(かかと)」から地面に着き、



そして最後「足の親指」で地面をピョンと蹴り出した力を「推進力」として前に進みます。



しかし、べた足歩きの人は、足の裏全体で地面に着き、前に進むときも足全体を持ち上げ一本前に踏み出すために、



足や骨盤の筋肉を余計に使ってしまい、無駄なエネルギーを消費し疲れ易くなります。



この影響で足や腰の筋肉が疲労で緊張し、骨盤が歪みます。



また、歩いている時は足を地面に着いた時の衝撃があります。



正しい歩き方をしている人は、地面に足を着いた時に、



「踵」→「親指」



という順番に着地させることで、上手く衝撃を逃しています。



逃がすどころか、その衝撃を次の一歩を踏み出すための「推進力」として有効活用しています。



しかし、べた足歩きの人は、地面に対して足裏を、



「全体的に」


着地させてしまうために、逃げ場を無くし衝撃を最大限に足裏で受けることになります。



そしてこの衝撃が伝わりやすい場所が、



「骨盤」



です。



足の骨は骨盤と繋がっているために、足裏で受けた衝撃は最終的に骨盤にまで伝わり、「歪み」の原因になります。



また、ダイエットのためにはウォーキングがオススメですが、べた足歩きになると、疲れやすくなるためにあまりダイエット効果を得れません。



ダイエットをするどころか骨盤が歪み、むしろ逆効果となってしまいます。



歩き方はそれぐらい重要と言うことです。



そのために歩く時に気を付けておきたいポイントは3つお伝えします。



1.歩く時は、つま先を上に向けて「踵」から地面に着ける



2.「踵」が地面に着いたら、足裏全体を地面に着けつつも、やや「足の外側(小指側)」のラインを意識する



3.足の外側(小指側)から伝わってきた力を内側(親指側)に持っていき、親指の力で地面蹴り出す



このリズムで実際に歩いてみると大きくキレイに歩けます。



それも余計な力を使わずに。



何故なら、無駄に力を使わなくても自分の体重がそのまま推進力になっているので、疲れるほどの筋肉を使う必要がありません。



そして、この3つにプラスして、あともう1つだけ意識してほしいことがあります。



それは、



「骨盤から歩く」



ということ。



ちょっとイメージしづらいですよね?



歩き方の悪いほとんどの人は、



「足で歩いて」



います。



でも大事なのは、



「骨盤で歩く」



ということ。



例えば、右足を一歩出そうと思えば、ただ右足を前に出すのではなく、「右の骨盤」ごと前に出すイメージです。



そして左足を前に出すなら、左足を前に出すのではなく、「左の骨盤」をごと前に出す。



これが、より無駄な力を使わず効率良く前に進むための理想的な歩き方です。



この歩き方を上手く実践できているのが「モデルさん」です。



モデルさんの歩き方は、見た目が良いだけでなく、歩行効率から見ても無駄が無く、理にかなった歩き方をしています。



美しく華麗に歩いていますが、あの人達も最初は凄く苦労したと思います。



でも、やり続けることで自然と出来るようになってきます。



結局は、



「出来る・出来ない」



の問題ではなく、



「やるか・やらないか」



だと思います。



「骨盤が歪んでいる」

「周りから猫背と言われ」

「腰が重だるい」

「肩がガチガチにこる」

「足がむくんで疲れやすい」



でお悩みのあなた、それはべた足歩きが原因かもしれません。



是非一度、自分の歩き方をチェックして3つのポイントを試してみて下さいね!



また、歩き方や骨盤の歪みが気になる方はお気軽に当院にご相談下さい。

関連記事

PAGE TOP