カラダの冷えや代謝の悪さには日常生活に”少し工夫を加えた“運動習慣を身に付けましょう!

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



女性ホルモンのバランスがいい健康な人と、女性ホルモンのバランスが悪くいつも不調を抱えている人の違いとして、



「血の巡り」



があげられます。



血液の流れが滞りなくいい人は、全身にしっかり酸素や栄養が行き渡り、代謝もよく免疫力や自律神経のバランスも良好です。



しかし、血液の流れが悪い人は全身に酸素や栄養が行き渡らず、カラダが冷え、代謝や免疫力や自律神経のバランスが悪くなます。



その結果として女性ホルモンが乱れて、



肩こり、頭痛、腰痛、疲れ・ダルさ、むくみ、肌荒れ、生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)、、、



などの、「休むほどではないけど、調子が悪い」という不調が出やすくなります。



そうならないためには、日頃から「運動」の習慣をつくり、筋肉をしっかり使うことで血流血の巡りを良くする必要があります。



日頃から同じ姿勢でデスクワークをしていたり、もしくは、同じ動きをしていると同じ筋肉だけに負担が集中して、筋肉が凝り固まりやすくなってしまいます。



そして凝り固まった筋肉によって血管が圧迫され、血液の流れが滞ってしまうためにカラダが冷えやすくなります。



特に生理痛やPMS(月経前症候群)でお悩みの女性で多いのが、



ずっと座り仕事などでいると姿勢の悪さからや骨盤がゆがんだり、骨盤まわりの筋肉が凝り固まることで骨盤内の血流が悪くなってしまいます。



子宮は血液がしっかり流れているからこそ、月経時には子宮の収縮により月経血を排出することができます。



しかし、子宮が冷えて働きが鈍くなると月経血を排出しにくくなるので、必要以上に収縮してしまい激しい生理痛がおきます。



また、血流の悪さは卵巣も同じで、血流が滞ると働きが鈍ります。



卵巣の働きは“女性ホルモン”を分泌することなので、働きが鈍ることで女性ホルモンの分泌が低下し月経周期が乱れて、



生理不順、生理前にイライラや全身倦怠感や眠気などが生じるPMS(月経前症候群)になってしまいます。



これらは皆、“女性ホルモンの乱れ”の仕業で、その女性ホルモンの乱れの原因を作り出すのが、骨盤の歪みによって出てきた筋肉の凝りです。



もちろん、改善の方法として私達のようなカラダの専門家によって筋肉をほぐしたり、骨盤のゆがみを整えれればベストですが、



日々忙しく働いている女性にとってその時間が作り出せないのが難点ですよね。



だからこそ、定期的に運動する習慣を身につけて筋肉をしっかり使い血流を良く
することが大切なのです。



まずは、朝起きた時に時間をかけてストレッチをしてじっくり筋肉を伸ばしてあげるのも最初の段階ではオススメです。



また、そんな時間がない時は出勤時に自転車ではなく徒歩で行く。また一駅前に降りて最寄りの駅まで歩く。



これをコツコツと続けるだけでもカラダは“かなり”変わります。



毎日忙しく働く女性にとって、自分の時間なんてそう簡単に作り出せるものではないですよね。



だからこそ、あえてその時間を作り出さなくても、日常生活のいつもやってる行動の中に少し工夫を加えることで、無理なく続けることがでます。



是非あなたも気負うことなく、気が向いたらお試し下さいね〜!

関連記事

PAGE TOP