やっぱりグッスリ寝れないとしんどいですよね。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のみちい整体院の道井雄です。



夜にしっかりとした睡眠(質の良い睡眠)をとれないと体のコンディションが悪くなり、肩こりや腰痛が悪化します。



しかし、体が疲れ過ぎて寝れない。眠りが浅い。寝付けない。



と言うことないですか?



毎日のお仕事でのデスクワークやパソコン作業からくる肩こり、目の酷使による眼精疲労、また長時間の同一姿勢(猫背)による腰への負担、、、



これは現代の労働環境では切っても切れないものですよね。



ひと昔前は、畑仕事などによる肉体労働で単純な作業が多かった。なので疲れ方もシンプル。



「あぁ〜、今日は一日よく働いたなぁ〜!」



と、疲労感も達成感も程よく、家に帰ればご飯を食べお風呂に入りグッスリ眠りにつくだけ。



けど、現代社会では結果や効率や迅速さが要求され、仕事内容も人間関係も複雑になってきています。



そうなると、ひと昔前みたいなシンプルな肉体的な疲れだけでなく、精神的にも疲労困憊の状態となります。



肉体的+精神的にもストレスがかかると、脳は体の様々な場所から「疲れた」という情報をキャッチします。



ただ、脳はすごく精巧に出来ているため、その「疲れた」という情報を過大解釈して、



「体が何者かに攻撃を受けてる。それも全身に。」



という、勘違いを起こしてしまいます。



すると、脳は血圧や脈拍や消化などの内臓の働きなど、自分の意思では調節出来ない自律神経という神経の指令の働きをしているため、その自律神経のバランスが乱れやすくなります。



そしてこの自律神経のバランスが乱れると、



・寝たいのに頭が変に冴えて寝れない

・筋肉がいつもガチガチ

・肩に力が入りっぱなし

・朝起きたらなぜか体が疲れてる

・日中にスゴく眠たくなる



など、「病気」ではないけど「不調」の状態が続いてしまいます。



これらは自律神経のバランスが乱れたせいで起こる症状なんです。



要はいつも仕事や家事育児に追い回されて自分の時間を取れず、疲れ過ぎてカラダとココロのスイッチが入りっぱなしの状態です。



で、いつもスイッチオンで過ごしてるから、それが当たり前となりオフへの切り替え方も忘れてしまっている。



例えると、いつもアクセルばかり踏んでるから、ブレーキの踏み方を忘れてしまっている。そのうちにガソリンが無くなりガス欠起こすけど、相変わらずアクセル全開に踏み込んでるから、あちこちにガタが出てきてる。



こんな感じと似ています。



そして、この疲れ方が今と昔の違いだと思います。シンプル疲れと複雑疲れ。



これって仮に一日7時間寝れたとしても、もはや手遅れです。



なぜなら、脳のスイッチが常に入って全身の筋肉が凝り固まってしまってるから。



そりゃ寝ても疲れ取れないですよね。



でも、複雑に考え過ぎないで下さい。



カラダはもちろんココロもリラックスきる環境に身を置き、心身共に疲れを感じる前に自分をリセットしてあげればいいだけなんです。



方法はなんだっていいと思います。要は自分をリセットしてあげればいいだけだから。



あなた自分リセットの方法を知ってますか?



是非、自分なりの方法を見つけて下さい。そして毎日ぐっすり寝れる環境を自分でしっかり確保しましょう!

関連記事

  1. リラクゼーションサロン西宮
PAGE TOP