これなら簡単!デスクワークの合間にできる腰痛改善エクササイズ。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。




はっきりとした「痛い」という感覚がなくても、腰回りに重苦しさや違和感がまとわりつくのが慢性的な腰痛の特徴。




しかし、この腰痛は「打った」または「ひねった」などでおこるギックリ腰とは違い、



ほとんどがデスクワークなどで長時間同じ姿勢を強いられたことによる“猫背”が原因です。



今日はそんな慢性的な腰痛と戦いながら毎日デスクワークを頑張るあなたに、座ったままで出来る腰痛改善のセルフケアを1つご紹介します。



それは椅子を利用した“チェアストレッチ”です。



これは読んで字のごとく、背もたれのある椅子を使って、座ったままの状態で腰を伸ばすストレッチです。



やり方は簡単。



1、まずは椅子に座り、太ももとお腹をくっつけるように体を前に倒します。



この時、両手は脱落して、背中からお尻までをグーっと伸ばすように意識します。



2.次に両手をバンザイするように体を伸ばしてそのまま上体を後ろに反らせます。



この時は真後ろを見るぐらいのイメージそらせて、そのままお腹の筋肉を伸ばします。



お疲れ様です。これだけです。



デスクワークの人はこれを1時間に1回を目安にして行うと、同じ姿勢で凝り固まった腰回りやお腹周りの筋肉をジックリとストレッチができ、腰とお腹の筋肉のアンバランスの解消にもなります。



もちろんこれはあくまでもセルフケアであり、痛くなる前の「重だるさ」や「違和感」など痛みになる前の“予防”として効果的なエクササイズです。



もし、



「いつも腰回りがガチガチで伸ばすのがつらい」

「ずっと座ってると、腰回りがムズムズしてくる」

「時間とともに、腰や足がしびれてくる」



などといった状況がある場合は、整体やマッサージでじっくり筋肉をほぐしてあげたり、頑固な不調の元である骨盤の歪みを整える必要があります。



腰は体の要でありどんな動きをするにも必ず力が入り体幹を安定させる場所です。



実際にギックリ腰などで痛められた方はわかると思いますが、本当にひどくなると、

「立つのがやっと」

「歩くのも辛い」

「呼吸も楽にできない」



など、



本当に「腰」って大事なんだなということを実感すると思います。



あなたも、そうならない為に普段からキレイな姿勢をキープするように意識して、仕事の合間などに上記で紹介したようなちょっとしたエクササイズなどを取り入れてみて下さいね。

関連記事

PAGE TOP