この時期特有の肩こりや腰痛の原因はこれ。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のみちい整体院の道井雄です。



関西地方ではいよいよ梅雨入りが発表されましが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?



この時期がないと一年を通してのバランスが成り立たないのでしょーがないのは重々承知してますが、



やっぱりこの梅雨の時期独特の雨の降り方とジメジメ感は何ともスッキリしないですよね。



そしてこの時期は肩こりや腰痛や偏頭痛が出やすくなります。



それはなぜか?



気圧の変化です。



皆さんも雨が降る前に体が重だるくなったり、昔痛めたとこが奥の方でズキズキ疼いたりといった不調はないですか?



これらは気圧の変化が関係しています。



人間の体は交感神経と副交感神経の2種類の自律神経により体の機能が調整されています。



交感神経は体が活動しやすいように、血管を収縮させ血圧や心拍数を上げることでいつでも動けるように働きます。



要は戦闘モードってやつです。



反対に副交感神経は体が落ち着きやすくするように、血圧や心拍数を下げることで体を休ませる方向に働きます。



つまり、休息(リラックス)モードです。



この2つの神経が日々バランスよく働くことで、日中は交感神経が活発に働き仕事や家事育児を効率よくこなします。



そして夜は副交感神経が働くことで、日中の疲れを癒すため睡眠(休息モード)に入りやすくなります。



しかし、梅雨の時期は気圧が下がるため、頭では分かっていなくても、皮膚センサーがそれを敏感に感じ取ります。



つまり皮膚が気圧の変化を無意識に感じ取ってしまうわけです。



そうすると、この自律神経のうちの交感神経が過敏になり、筋肉が勝手に興奮状態(戦闘モード)になってしまいます。



慢性的な肩こり・腰痛の人はただでさえ肩首や肩甲骨回りや背中や腰回り筋肉が慢性的にガチガチになっているのに、



それに加えて、気圧の変化で筋肉の血流が悪くなると、余計に緊張が強くなってしまいます。



しかし、さっきも言ったように、人間は意識の上では気圧の変化は分からないため、



「何か今日は肩がめっちゃ凝る」



「頭がやたらと重たく感じる」



「腰がいつもより鈍痛い」



みたいな症状が出現するわけです。



皆さんも、これらの感覚に心当たりはないですか?



こうならないためにも日頃からストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐしカラダのコンディションを整えておいてあげる。



また、温かいお風呂に浸かりしっかり温めてあげることでカラダ全体の血流を良くしておく。



というケアが必要になってきます。



あなたも、この毎年この時期になるといつも肩こりや腰痛や頭痛などの不調が出やすくなるのであれば、



是非とも体のケアをしっかりしてあげて下さいね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP