お肌のトラブルが出やすい「生理前」に合わせたスキンケアの方法。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



女性のお肌の状態は生理周期により毎日微妙に変化しています。



特にお肌にとって絶好調の時期でもある、



「生理後〜排卵前の“卵胞期”」



はエストロゲンのお陰で、潤い成分であるコラーゲンがしっかり分泌されていて、弾力やハリ感やモチモチ感がアップしているために、特別身構える必要はありません。



しかし、



「排卵後〜生理前である“黄体期”」



は、カラダやお肌にとってマイナス方向に働くプロゲステロンの影響で美容や健康上、様々な問題が出てきます。



プロゲステロンはカラダに水分を溜め込みやすいため、むくみが溜まったり、皮脂腺を刺激するために皮脂分泌を多くさせ、その結果、脂っぽくなったり化粧くずれを感じたりニキビや吹き出物が出やすくなります。



また、このホルモンはメラニンを活発にする作用があるために黄体期はシミが目立ちやすくなります。



こういうトラブルが起きやすいために、プロゲステロンが優位になる黄体期は美容上あまり良い時期とは言えません。



そのために、お肌のトラブルが出やすい黄体期には少し手間をかけたケアをしてあげる必要があります。



まずは、自宅でできるケアとしては、ダブル洗顔を徹底して行い、皮脂や汚れを入念に落とすこと。



洗顔後は冷蔵庫で冷やした化粧水などをつけて、お肌を引き締めておくのも効果的です。



また美白ケアとして、この時期はメラニンが活発になるためにしっかり紫外線からお肌を保護しておきましょう。



生理が近づくにつれてプロゲステロンが優位になりお肌のトラブルが起きやすい黄体期。



しかし、これはお肌に限ったことではなく、腹痛や腰痛、イライラなど様々が起きやすく、



生理前のお肌・カラダ・ココロのトラブルを総称して、



「PMS(月経前症候群)」



と呼びます。



症状は上記のように様々ですが、カラダの調子の悪さがココロに悪影響を与えたり、ココロの調子の悪さがお肌のトラブルを引き起こしたりと全部が繋がって不調になりやすくなります。



つまり、お肌だけのケアでは無くカラダやココロもケアをしてげるのが本当のケアと言えます。



そのためには、リラックスできる環境を整えてココロを休ませたり、骨盤や背骨の歪みを整えることで日々のカラダの疲れを癒してあげるのも大切です。



是非、あなたも自分に合わせたお肌やカラダやココロのケアをすることで、月経周期と上手に付き合って下さい。



そしていつまでもキレイで健康でイキイキとしたあなたでいて下さいね!

関連記事

PAGE TOP