あなたはいくつ当てはまる?女性ホルモンの乱れ度チェック!

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



腰痛・肩こり・頭痛・疲れやだるさ・冷え・むくみ・肌あれ、吹き出物、生理痛・生理不順・PMS(月経前症候群)、、、、



働く女性が「病気ではないが、何か全体的に調子が悪い」として日々感じている“プチ不調”に上記のようなものがあります。



これらの症状は日々のデスクワークや同じ動作の繰り返し、または複雑な人間関係などにより、心身ともに疲労が溜まり引き起こされます。



しかし、体を酷使することや、ストレスが増えることによる弊害は心身ともに悪影響を与えるだけでなく、



女性特有のある部分にも悪影響を与えます。



そのある部分にも影響が出ることで、より複雑な、そして自分でも原因がよく分からない様々なプチ不調へと繋がり、さらにそのプチ不調が別のプチ不調を呼び込むという負の悪循環になります。



そのある部分というのが、



“女性ホルモンの乱れ”



です。



女性ホルモンは妊娠や月経をコントロールするだけでなく、女性の健康(カラダやココロやお肌などの健康状態)を維持するための“薬”そのもののでもあります。



しかし、女性ホルモンの変化は微量で尚且つ、目に見えないもの。



自分の不調に気付いていてもそれが何なのか?ということは自分では判断できないですよね。



そこで、今日は今の自分のホルモンバランスはどうか?ということが客観的に分かる女性ホルモンの乱れ度チェック項目をお伝えします!



ボタン︎最近疲れやすく、ダルさが抜けない

ボタン︎肌がカサカサ乾燥するようになった

ボタン︎最近になって、生理前にイライラするようになった

ボタン︎抜け毛が増えた

ボタン︎以前よりむくみが取れにくくなった

ボタン︎顔のたるみが気になってきた

ボタン︎生理の血量が変化した(増えたor減った)

ボタン︎新しい事を覚えにくくなった

ボタン︎最近急に太ってきた

ボタン︎急にシミが濃くなった

ボタン︎物事が面倒臭いとよく思う



さて、いかがでしたでしょうか?



このうち“2つ以上”当てはまると、女性ホルモンが乱れてる可能性があり、早めにお体のケアをしてあげる必要があります。



そのほかにも項目を挙げればキリがないですが、ポイントしては、



「カラダ・ココロ・お肌」



この3つに何がしらの不調を感じ始めたら、それはその場所そのものが悪いというよりも、



「女性ホルモンが乱れて全体的に不調が出てきてる」



というサインです。



特に働き盛りの20代〜30代の女性は慌ただしいストレス社会の中で必死に働いているため、ついつい自分のことは後回しになっています。



もし「病院に行くほどではないが、よく分からない不調がいつも続いている」のであれば、



一度その場で立ち止まって自分のカラダとココロの声に耳を傾けてあげで下さい!

関連記事

PAGE TOP