あなたの食欲不振や内臓下垂の原因は猫背のせい?姿勢と内臓の意外な繋がりとは?

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



デスクワークや育児家事などで同じ体勢でいると背骨が丸まり猫背になってしまいます。



そして猫背になり、カラダが丸まると内臓が圧迫されて、胃や腸が下に下がってしまう、



「内臓下垂」



の状態になります。



先日、とある患者さんが、



「最近、ずっと仕事が続いていてしばらく猫背がつづいてたので肩凝りだけでなく、食欲も無くて何食べてもあんまり美味しく感じないです、、、、」



と仰っていました。



この方は、自分でも猫背による内臓下垂を自覚しており、胃腸の調子が悪くなったり、消化不良や食欲不振になる時は、だいたい事務仕事で長時間デスクワーク続いた時だと自分で気付いていましたが、



一般の人ではなかなか、猫背と内臓下垂による消化不良や食欲不振は繋げようにも繋がらない症状ですよね。



でも長時間のデスクワークなどによる姿勢の悪さと、内臓の不調の関係は実はそんなところでも関係してきます。



胃腸の働きは自律神経によりコントロールされており少しでもストレスを感じると不調を起こしやすくなります。



なので、消化不良や食欲不振の原因を全て猫背の原因にするには無理がありますが、



もしあなたも、



「ここしばらく、胃腸の調子が悪い、、、」

「何食べても、あんまり美味しく感じない、、、」

「食べたらすぐに胃がもたれる、、、」

「最近、お通じが出ない、、、」



という時は、姿勢の悪さ(猫背)による内臓下垂が隠れているかもしれません。



また、東洋医学的に胃腸と腰はツボで繋がってるために胃腸の調子が悪くなると腰の筋肉が緊張して腰痛が出やすくなります。



この患者様も、やはり最近腰も重だるく、



「絶対今回の胃の不調と何か関係があるはず。けど何なんだろう?」



と疑問に思っていたみたいです。



また反対に、腰の調子が悪くなると便秘や下痢や消化不良などの胃腸の働きに不調も出やすくなります。



人間のカラダは何が起こるか分からないですね。



正直この仕事をしている僕自身もまだまだ分からないことだらけです。



でもカラダは全てで繋がっているので、その点と点が線で繋がった途端その患者様もすごく御納得の様子でした。



あなたのその内臓下垂や食欲不振は猫背からきているかもしれません。



また、普段抱えている慢性的な腰痛は、実は胃腸の調子の悪さが原因かもしれません。



是非、自分の姿勢を改めて見直してみて下さいね!



また、猫背姿勢やそれによる肩こりや腰痛、内臓下垂や食欲不振など気になる症状がありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP