あなたの腰痛が「慢性的」になってしまうそのワケは?「予防」という考え方も大事です。

こんにちは。


兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



腰痛の時に感じる痛みや違和感には様々な感覚があります。



特に何が原因で悪くなったかハッキリしない腰痛の場合、



「だるい」

「鈍い」

「重い」



など、痛みではないけども疲れや違和感が特徴的な症状として出ます。



これは長時間のデスクワークなどで同じ姿勢(猫背)でいたり、ダンボールや荷物などを持っては降ろしてといった反復動作によっておこる、



「筋肉の血流不足」



が原因です。



筋肉は本来ゴムのように柔らかく伸び縮することによって、その柔らかさ(弾力性)を一定に保っています。



しかし、長時間のデスクワークや同じ動きの繰り返しをしていると、筋肉が伸びもしない縮みもしない「凝った」状態になりガチガチに固くなってしまいます。



そうすると、血液の流れに淀みが出てその場所に疲労物質が溜まり、神経を刺激するのでジンジンとした痛みになってしまいます。



これを放置したままにしてしまうと、その痛みはやがて脳にインプットされてしまいます。



一度脳にインプットされた痛みは、脳の記憶装置に刷り込まれてしまうために、



「何にもしてないのにズキズキ痛い」

「ジンジンして夜も寝れない」

「ずっと座ってると腰の周りがピリピリする」

「朝起きた時に鈍痛がひどい」



などのように、実際の腰の状態とは関係なく脳が「誤作動」を起こしてしまいます。



そしてなんとかしようと何ヶ所か病院やマッサージ屋を巡ったけど、



「マッサージしただけではすぐ元に戻る」

「湿布や薬だけでは効かない」

「検査行ったけど異常はないと言われた」

「注射したけどその場しのぎ」



と言った具合になかなか改善せず、慢性かつ頑固な腰痛であると自分で自分にレッテルを貼らざるを得なくなります。



実際には姿勢の悪さや反復動作により筋肉がガチガチに硬くなり、筋肉の血流が悪くなっているだけなので、



しっかりポイントとなる筋肉にアプローチして、姿勢の悪さや反復動作により出た骨盤の歪みを元に戻すだけで筋肉の血流は良くなります。



そして、筋肉をしっかりほぐし、骨盤のゆがみを整える事の最大のメリットとして、



「脳がリラックスして自律神経が整う」



ということです。



つまり、脳がリラックスするということは痛み記憶がリセットされるということ。



最新の腰痛の研究では慢性腰痛の原因は「腰」そのものではなく、「脳」が原因であると言われています。



これにはしっかりと理論があって、



1.腰痛になる

2.放置する

3.慢性化する

4.痛み信号が脳に送られ続ける

5.脳が痛みを覚えてしまう

6.何にもしていないのにズキズキ痛くなる



という流れが出来ているからです。



つまり6まで行ってしまった段階で「腰」だけアプローチしても意味が無い。



実際には、意味が無い訳ではないが「足りない」ということです。



必要なのは「脳」をリラックスさせてあげること。



そのために「骨盤」のゆがみを整えること。



そして、それよりも大事なのが、そもそも1の段階でカラダのケアやメンテナンスをして「予防」すること。



そのために必要なのが日々の溜まった疲れをじっくり癒す「リラクゼーション」が必要だと当院では考えています。



あなたもその腰痛が「慢性的」になる前に日頃からしっかりケアをしてカラダを労ってあげて下さい!

関連記事

PAGE TOP