あなたの生理痛・生理不順の原因は意外なとこにあるかも?

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。



みちい整体院の道井雄です。



女性特有のプチ不調をあげると、



腰痛、肩こり、頭痛、疲れ・だるさ、冷え、むくみ、ニキビ、肌あれ、、、



様々ありますが、女性にとって特に多いプチ不調の代表に、



生理痛、生理不順、PMS(月経前症候群)



などがあります。



そして腰痛や肩こりや頭痛もそうですが、これら女性特有の不調には「女性ホルモン」が関係しています。



女性ホルモンはカラダ・ココロ・お肌など全ての働きにおいて重要で、女性にとっての“万能薬”と言い換えることもでき、



いつもバランス良く分泌されてれば文句はないのですが、“脳”によりその分泌量を厳密に管理されているため非常にデリケートです。



なので、日々の生活環境の中で睡眠不足や偏った食事、仕事での疲れや人間関係など、ちょっとしたカラダやココロの違和感や変化が出るだけでも脳はストレスを感じ、すぐ女性ホルモンが乱れてしまいます。



なので、これを改善するには日常生活を見直し規則正しい生活を送りましょうということになりますが、



もう一つ、女性ホルモンが乱れる大きな原因があります。



それが、「骨盤のゆがみ」です。



普段何気なく生活していても、ふとした時に猫背になったり、片足に重心をかけてしまったり、重たい荷物を左右どちらかだけで持ったりしていませんか?



こういう身体の使い方をしていると、その動きや姿勢が“癖”となり骨盤がゆがみやすくなります。



すると、骨盤内の血流が悪くなり卵巣や子宮の働きも悪くなった結果、女性ホルモンが乱れやすくなります。



また、骨盤がゆがむと筋肉が固くなり“疲れやすく”なります。



その疲れをストレスとして感じ取った脳は、



「体が何かに攻撃されている」



と勘違いをして、まずは自分の体を守ろうとして、女性ホルモンの分泌を止めて(もしくは、弱めて)しまいます。



こうすることで、女性ホルモンが乱れて、生理痛・生理不順・PMS(月経前症候群)がおきやすくなります。



これぐらい女性にとって骨盤と女性ホルモンの関係は密接に繋がっています。



そう考えると、意外と身近なところに原因ってコロコロ落ちてませんか?



だって普段何気にとっているその姿勢や、身体の使い方が女性ホルモンの乱れを引き起こす原因になるわけですから。



あなたは、どうですか?



パソコンやスマホに熱中しすぎて、知らぬ間に猫背になってませんか?



もし、最近不調が続き女性ホルモンの乱れが気になるようであれば、一度自分の立ち姿を鏡でチェックしてみましょう!

PAGE TOP