あなたの「腸年齢」は若いですか?それとも老けてますか?

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



「腸年齢」という言葉があります。



実年齢とは違い、カラダの中身の年齢のことを言います。



腸内環境が悪化して腸機能が悪化すると、



・太りやすい

・疲れやすい

・肌荒れ

・風邪を引きやすい

・イライラしやすく、落ち込みやすい



など、まるで実際に歳を重ねてから出て来るような悩みや問題が出やすくなります。



これには、加齢だけでなく生活習慣がかなり影響しています。



例えば、



・偏った食生活

・不規則な睡眠

・ストレス

・冷え



など、カラダにとってストレスになるようなことがあると腸の善玉菌が減って、悪玉菌が増えることで、腸内環境が悪化し腸のバリア機能が弱まり有害物質や病原菌を簡単に通しやすくなります。



さらに、腸内環境が悪化すると蠕動(ぜんどう)運動が弱まるために、便秘や下痢を起こしやすくなります。



そうならない為に若々しい腸でいるにはまず「ストレス」を減らすこと。



「脳」と「腸」は自律神経により直接繋がっているために、ストレスを感じると自律神経が乱れ「腸」の機能が低下します。



現代はストレス社会と言われ、下痢や便秘を繰り返す人が多いことが問題になっていますが、



これは、脳が感じたストレスが腸に伝わることで腸の働きが弱まるからです。



そして、自律神経が乱れる1つの原因として、



「骨盤の歪み」



があります。



長時間のデスクワークや、家事育児などで同じ姿勢でいると、徐々に骨盤や背骨が歪みます。



歪みがあるということは、それだけカラダを酷使して疲労が溜まっている状態。



そして、疲労が溜まると脳も緊張状態になるために自律神経が乱れて、腸の働きが弱まってしまいます。



その結果、便秘や下痢になったり、腸のバリア機能が弱まるために、風邪をひきやすく、さらに疲れやすいカラダへとなってしまいます。



つまり、腸の老化を防ぐためには「骨盤の歪み」を整えるこということが大事です。



また、それだけでなく腸からは「セロトニン」という精神状態を安定させる神経伝達物質が分泌されています。



骨盤の歪みが整い腸の動きが改善されるとセロトニンが分泌され、さらに自律神経のバランスが整い、カラダだけでなく心の健康も保つことができます。



あなたも、



「ずっと便秘や下痢を繰り返している、、、」

「仕事に行く前になると、お腹をこわしやすい、、、」

「食生活が乱れて、肌荒れがおきやすい、、、」

「気持ちが落ち込みやすい、、、」



そんなことはありませんか?



それは、腸の働きが弱まり、自律神経が乱れているサインかもしれません。



そんな時は生活習慣を見直したり、骨盤の歪みを整えることで、腸のメンテナンスもしてあげてください!

関連記事

PAGE TOP