「肩こり」はゆったり歩けのサイン?

こんにちは。



兵庫県尼崎市のみちい整体院の道井雄です。



肩こりには大きく分けて2つの原因があります。



それが「カラダの緊張」と「ココロの緊張」。



このうち、カラダの緊張とは長時間のデスワークによる姿勢の悪さや、育児家事などで同じ動作の繰り返しなどにより、



首や肩や背中(肩甲骨回り)の筋肉に負担がかかり、それが原因で筋肉凝ってきます。



この凝りが解消されないまま長時間放置状態になると、そこに疲労物質が溜まり俗に言う「肩こり」になります。



そしてこれが肩こりの直接的な、そして自分自身もハッキリと自覚しやすい原因になるかと思います。



そして、次にココロの緊張。



今度はカラダの緊張により出来上がった肩こりが痛みや疲れやダルさとして脳に伝われば、脳はその感覚を「ストレス」として認識します。



つまりカラダが何者かに攻撃されてると勘違いを起こしてしまいます。



その勘違いが脳を疲弊させ、ココロの緊張になり、さらに筋肉が強く凝ってしまいます。



そして、厄介な事に一度ココロが緊張してしまうと、精神的にマイナス思考になってしまいます。



「なんかよくわからないけどいつも不安」



「なぜかいつもカラダが疲れている」



これ、実はココロの緊張のせいなんでしす。



まぁよくいう「いつも肩に力が入っている」状態です。



でも本人にはまったく時自覚がない。



なぜなら、無意識だから。



「今自分は精神的にストレスがあってそのせいで肩が凝っている」



と、自分でわかる人なんかいないですよね。



けど、カラダは疲れている。肩は凝っている。という表面の症状だけが感覚としてはあるわけです。



この時に、湿布を貼ったり、痛み止めを飲んだりしても何も変わらない。そして整形外科で検査しても何も異常がない。



そんな時はカラダの疲れの奥底に
根深いココロの疲れが隠れているかもしれません。



つまり、あなたのココロの声は、



「もうちょっと、ゆったり歩いて」



と叫んでいるのかもしれません。



あなたも日々の忙しさに追われるのであれば、ここで一度自分のココロの声を聞いてあげて下さいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP