「不妊」という言葉について思うこと。それって「病名」じゃなく「状態」を指す言葉では?

こんにちは。



兵庫県尼崎市の骨盤矯正・整体・リラクゼーション。みちい整体院の道井雄です。



「不妊」という言葉を聞くとあなたはどんなイメージがありますか?



当然何らかの理由により妊娠が出来ない、もしくは、しづらいというイメージですよね?



でもよくよく考えてみると不妊という病気はありません。



あくまでも妊娠しづらい「状態」をさした言葉であります。



(注:ここでは卵巣や子宮に何がしらの病的な疾患がないもの仮定して話を進めるので悪しからずご了承下さい)



現代は昔と違いストレスフルな生活環境になりました。



例えば、



・不規則な食事

・睡眠不足

・職場での複雑な人間関係

・冷え



などで、カラダそのもののパワーが落ちている人が多く見られます。



特に昔と決定的に違うのがIT化による長時間のデスクワークです。



昔の人の仕事と言えば畑を耕したり家畜を育てたりとカラダを常に使っていました。



しかし、現代ではパソコンが普及し圧倒的にデスクワークが多くなり、長時間同じ姿勢でいる事が多くなりました。



そのことにより、血流が悪くなりカラダが冷えたり、慢性的な肩こりや腰痛に悩まされたりと、とてもじゃないですが妊娠という言葉からは程遠いカラダになってしまいました。



妊娠とは、あくまでもカラダもココロもリラックスして全身の血流が整ったその延長線上にある「ご褒美」のようなものです。



カラダもココロもリラックスして血流が良いからこそ、自律神経が整い、女性ホルモンのバランスも安定します。



しかし、



肩こり、腰痛、疲れ・ダルさ、冷え、むくみ、便秘、生理痛、生理不順、、、



などの日々の酷使によるカラダやココロの不調を放ったらかしにしておくと、脳が妊娠なんかよりもまずは自分自身の命を優先させるために女性ホルモンの分泌を弱めてしまいます。



これが現代の女性の多くが悩む不妊の原因になります。



このことから考えると、不妊というものを改善させる魔法は無いということ。



まずは、



・栄養バランスのとれた食事をする

・良質な睡眠

・カラダを温める

・定期的な運動を取り入れてる



などなど、生活習慣を改めて体質から改善して自律神経を安定させたり、ホルモンバランスを整えるは必要があります。



また、骨盤の歪みが強いと筋肉がガチガチに緊張して肩こりや腰痛が悪化して女性ホルモンがさらに乱れます。



そのために当院では「不妊」に対しての改善を希望される場合、まずは骨盤の歪みを整えて腰痛や肩凝りのケアをすることでカラダをリラックスさせて全身のコンディションを整えることから始めます。



このように、「不妊」とは「病名」ではなく、あくまでも「状態」を指します。



「不妊」を無理に改善しようとホルモン注射をしたりするのではなく、冷えや肩こりや腰痛や不規則な生活習慣を改善していくことで、



「妊娠しやすいカラダに近づけてあげる」



というのが、遠回りなようで結局は一番の近道になると感じています。



もし、あなたが近い将来「妊娠」を希望するなら、是非とも生活習慣を見直したり、腰痛や肩こりのケア今のうちからしておいてくださいね。



また、骨盤の歪みや腰痛や肩こり。それに伴う女性ホルモンの乱れや不妊について気になる症状がございましたら、お気軽にみちい整体院にご相談ください。

関連記事

PAGE TOP