「ダルさ」「疲れ」「眠気」などでお困りのあなた。“糖質”を減らしてみましょう。

こんにちは。



兵庫県尼崎市のリラクゼーションサロン。みちい整体院の道井雄です。



「最近、寝ても全然疲れが取れない」

「いつも慢性的に疲れている」

「仕事中、疲れて全然集中力がない」



あなたなこのような「ダルさや眠気」などに悩まされてないですか??



これらは働くオトナ女子によくある症状です。



原因としては、日々の蓄積された疲労やストレス。



また、寝不足などによる日常生活の不摂生によるものが多数ですが、



実は「糖質」の取りすぎによっても、このような状態になることもご存知でしたか?



糖質は3大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)のうちの一つで、カラダの“エネルギー源”とも言われるほど大事な栄養素です。



しかし、あまりに多く取りすぎると血糖値が一気に上昇します。



血糖が上昇すると「インスリン」という物質が膵臓から大量に分泌されます。



そして、大量に分泌されたインスリンにより血糖は細胞内に取り込まれますが、



今度は大量に取り込まれすぎて、逆に血糖値がグーンと下がってしまいます。



そうなると、高血糖状態から一気に低血糖状態になり、その落差によりカラダに負担がかかります。



その負担に耐えきれなくなった結果、



「だるい」

「重い」

「疲れる」

「眠たい」



と言った症状が出てきます。



でもこんなことで仕事なんて休めませんよね?



だから人間はとある行動をとってこれらの症状をまぎらわせようとします。



それが、



「再び糖質(甘い物やご飯)を食べる」



という行為です。



私達は日々のストレス社会の中で生き抜くためにカラダやココロのエネルギーを消耗しています。



そんなコンディションで毎日元気に過ごせるわけがないですよね。



だから糖質を取ることでカラダにエネルギーを補充しようとします。



しかし、それは実際にカラダが疲れてエネルギーを欲してるわけではなく、蓄積されたストレスにより“脳”が疲れてエネルギーを欲してるだけ。



つまり、「勘違い」をしているわけです。



カラダには糖質がいっぱいあるのに、脳が勘違いをして糖質を欲しがる。



そして、糖質を大量に食べるが実際にはカラダには十分糖質は足りてるので、やむなく血糖値が上がる。



そして上がった血糖値は下げる必要があるため膵臓から大量にインスリンが分泌されて血糖値が一気に下がる。



その急降下に耐えきれなくなったカラダは



「眠気」

「疲れ」

「ダルさ」



などの症状を引き起こすことでカラダを休ませようとします。



だからいつも眠気があるわけであり、これが慢性疲労と言われる原因です。



現代人は「糖質の過剰摂取」状態である言われています。



糖質は誤解を恐れず言うと“中毒性”があります。



ここまで言い切れるのは私自身もこの症状に悩まされている一人だったからです。



いつも疲れやストレスの影響でそれを紛らわすために毎日無意識に糖質を大量摂取していました。



でも自覚がないんですよ。



何故なら中毒性があるから。



それに気付かず毎日原因不明の「疲労」に悩まされていました。



と言うよりか、そもそもそんな自分のカラダが当たり前だと思っていて改善するつもりもありませんでしたが、



この「糖質の過剰摂取」という状態を知り、摂取を控えるようにしてから慢性的な「疲れ」や「ダルさ」や「眠気」は嘘のように解消されました。



もちろん最初は我慢するのがめっちゃ辛かったですけどね。



本当にクスリや麻薬を絶つ時ってこんな感じなんだろうなって(笑)



でもこれって我慢するから辛いんですよね。糖質しかりクスリしかり。



もちろん今でも疲れやストレスが溜まり急激に甘いものやご飯やパンが無性に欲しくなる時があります。



そんな時には、



「おっ、始まったぞ。脳の勘違いが。」



と思うようにしています。というか実際にそうなんだから、そう思うしかない。



それだけでもかなりセーブできます。



あなたも日々「眠気」や「疲れ」や「ダルさ」などの慢性疲労に悩まされていませんか?



それは糖質の過剰摂取が原因かもしれまかすん。



もしそうなら、ストイックに糖質の摂取を制限しなくても、普段の食事の量を減らすだけでも自然と糖質も減り、日々の「重い」「ダルい」「眠気」などの症状は改善されます。



また糖質の過剰摂取を減らすと、その分、脂肪が燃焼していくのでダイエット効果も抜群です。



是非、お試し下さい!

関連記事

PAGE TOP